閉じる
閉じる
閉じる
  1. 雇用調整助成金を独立掲記する場合の表示区分は何が主流?
  2. 東証1部上場会社の議決権行使書面の行使期限を巡る判決
  3. 短期前払費用の特例における継続要件の留意点
  4. 決算期変更で1年超の会計期間となった場合の対応
  5. 3月決算会社(2021年)の総会前有報提出は27社
  6. 東証一部上場会社の約3割がESG、SDGs等を有報で開示
  7. 株式交付(その3)-手続概要
  8. 電子データと紙の両方で受領した請求書等の保存の取り扱いはどうなる?
  9. IFRS任意適用会社数の伸びが鈍化
  10. 岸田氏は四半期決算撤廃派?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

JUST PDF2とAdobe Acrobat X-Goodreaderとの相性を考えると・・・

元々Acrobat8のProfessionalを使用していましたが、PCを買い換えて64bit版にしたことによって、32bitバージョンしかサポートしていないAcrobat8が使用できなくなってしまいました。

Acrobat8からAcrobat Xへのアップグレード版も販売されていますが、そもそも32bitから64bitにPCが変わってしまうとベースなるAcrobat8がインストールできないので、アップグレード版を購入することができません。
64bitにはAcrobat9から対応しているようです。

Acrobat Xはスタンダード版でも以下のように3万円以上するので、さすがにもう一度購入するのはきついなと思って、JUST PDF2というPDFソフトを購入しました。

このソフトはフルパッケージで購入しても8千円程度とAcrobatに比べると非常に安く基本的な機能も備わっているようだったので購入を決めました。
そしてしばらく使っていたのですが、購入時のリサーチがあまく、以下の点で不都合が生じてきました。

①JUST PDF2では、PDFの右綴じ左綴じを変更する機能がない。これは、書籍等をScansnapでPDFファイルを作成し、1枚に2ページを表示するようにすると左右が逆になってしまうことがありますが、これを直すことができないということを意味します。

もっとも1枚ずつ表示すれば問題ありませんし、部分的にプリントアウトしたいような場合もA4に1枚ずつプリントすればよいので、この点については我慢して使っていました。

②JUST PDFで「しおり」を作成したPDFをiPadでGoodreaderを使用して開いても「しおり」が認識されない。

たとえば、JUST PDFで以下のような「しおり」を作成したとします。


ところが、このファイルをGoodreaderで開いてもOutlineがNoneとなってしまいます。

一方でAcrobat Xで同じように「しおり」を以下のように作成して(結局、Acrobatを購入したわけですが・・・)


Goodreaderに転送すると、以下のようにOutlineに設定した「しおり」が反映されます。

これも、「しおり」を使用しなければ気にならない点で、私もいままではあまり「しおり」を使用していなかったので気になりませんでした。

しかし、最近はより効率的に調べもの等をできるようにしようと、単にPDF化していた書籍を目次にしたがって「しおり」設定するようになりました。この作業が進んでくるにしたがって、iPadにアウトラインが反映されないということがかなり不満になってきました。
一方で、調べていくとAcrobatで設定した「しおり」はGoodreaderでも使用できるということだったので、Acrobatの購入に踏み切りました。高かった・・・・

さらに、以前使用していたProにするかスタンダードにするかで迷いました。
Proとスタンダードの違いはAdobeのパンフレットによると以下のようになっています。

以前はVisioをPDF化することがあるということでPro版を使用していました。ここ半年くらいVisioを使用する機会はありませんが、今後Visioを使用する可能性がそれなりに残っているのでやはりPro版にすることにしました。

また、従来はあまりPro版の機能を十分に使っていませんでしたが、今後は文書のReviewを行う際にPDFの注釈機能を使用してみたり、業務の効率化につなげていければ考えています。

最後に、事後的にPro版にしておいてよかったと思ったことが一つ。
なんと、Acrobat9のスタンダード版は、愛用しているスキャナーであるScansnapにバンドル版として添付されていることに気づきました。

スタンダード版を購入していたとするとかなり後悔したと思いますので、あぶないところでした。Acrobat9のスタンダードからAcrobat XのProにアップグレードできるのかどうかについては、知りたくないので調べないことにします。

逆に考えると、Acrobat Xのスタンダード版の購入を考えている方で、スキャナーにも興味がある方は、37000円位でAcrobat Xが添付されているScansnapが購入できるので、Scansnapを購入するのがお得ではないかと思います。

日々成長。

関連記事

  1. Excelの使い方を改めて確認してみた(その1)

  2. Cloudfoggerを利用してみる-外部ストレージのファイルの…

  3. Excelの使い方を改めて確認してみた(その2)

  4. Sugarsyncの「ウェブアーカイブ」はどこに・・・

  5. リーズナブルな価格の海外データ通信

  6. PCデータのバックアップ-PARAGON Hard Disk M…

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,485,822 アクセス
ページ上部へ戻る