閉じる
閉じる
閉じる
  1. 休業手当は給与課税、休業補償は非課税
  2. スチュワードシップ・コードの再改訂内容を確認
  3. 3月決算6月末申告でも一定の対応で利子税が免除になるそうです
  4. 企業が従業員に支給するコロナ対応の見舞金は非課税の可能性
  5. 経理でテレワークの実施率はどれくらい?(最終結果)
  6. 2020年3月決算会社-上場10社程度が継続会開催方針を決定
  7. フリーランス等に支払う立替経費には源泉徴収が必要というけれど・・・
  8. 雇用保険法の改正を確認(2020年改正)
  9. 役員報酬の自主返納と定期同額給与
  10. 数カ月間の役員報酬減額、戻した後の損金算入はどうなる?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

「国税当局内で使われる隠語集」とは

「国税記者 実録マルサの世界」(田中周紀 著)に「国税当局内で使われる隠語集」として同書で紹介されている国税当局内の隠語がまとめられていました。

面白かったので紹介します。

マルサ・・・査察部

6階・・・東京国税局査察部(以前の庁舎の6階が査察部で「マルサ」が有名になりすぎたため)
ナサケ・・・査察部の内偵調査部門
ミノリ・・・査察部の強制調査実施部門
一番・・・査察部長(財務省キャリア)
二番・・・内偵調査部門担当の査察部次長(国税庁キャリア)
三番・・・実施部門担当の査察部次長(ノンキャリア)
横目・・・銀行で別件を装って本命の口座を調べる調査手法
外観・・・査察対象の店などを外から内偵調査すること
内観・・・査察対象の店に客として入り内偵調査すること
嫁入り・・・事案が内偵調査から強制調査に移されること
お札(オフダ)・・・強制調査の前に裁判所でもらう臨検・検索・差し押さえ許可状
ウリジョ・・・収入から売上を除外すること
BS・・・脱税工作で不正に蓄財された資産(通称「たまり」)
PL・・・脱税の手口
ガサイレ・・・強制調査
ドボン・・・内偵調査で1年間に1件も嫁入りさせられないこと
流し・・・強制調査したものの刑事告発まで至らなかった事案
特殊関係人・・・脱税者の愛人
増差・・・自己申告した所得と、税務調査で把握した所得との差額
ホダツ・・・意図的に税金を逃れること、脱税すること
お上・・・財務省
チョウ・・・国税庁
本店・・・国税局
支店・・・税務署
大手町・・・東京国税局
五反田・・・東京地検特捜部財政経済班
親父・・・税務署長
サブ・・・副所長
普通科・・・国家公務員Ⅲ種試験採用の職員(基本的に高卒)
専科・・・国税専門官試験採用の職員(基本的に大卒)
料調・・・課税部資料調査課
コメ・・・?課税部資料調査課(「資料」の「料」のコメ偏からきたもの)
ゴンベン・・・調査部(「調査」の「調」のゴン偏からきたもの)
ギョウニン・・・徴収部(「徴収」の「徴」のギョウニン偏からきたもの)
トッカン・・・調査第一部の特別国税調査官。他に特別国税徴収官も
トコロ・・・所得税
サンズイ・・・法人税
ケシ・・・消費税
マルチン・・・政治家が介入してきた事案
マルコレ・・・税務調査で不正や誤りを発見できずに申告を是認した事案

新聞や報道で出てくることはないのでしょうが、最近はドラマのタイトルなどで登場するものもあり、なかなか面白いと思いました。

日々成長

関連記事

  1. 法人税個別通達を踏まえたリバースチャージ方式の仕訳方法

  2. 海外勤務から帰国した従業員に対する給与の源泉徴収

  3. 政府税制調査会-減価償却方法を定額法に一本化する方向で検討

  4. 200%定率法が会計に与える影響

  5. 日本税理士会連合会が給与所得控除削減を求める

  6. 3月末に期限の切れる租税特別措置等の適用期限延長

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 9,781,744 アクセス
ページ上部へ戻る