閉じる
閉じる
閉じる
  1. 労働基準法の管理監督者性はやはり厳しいと感じた判例ー日産自動車事件
  2. 国内外数社の代表を務める納税者を居住者であると判断した課税当局が全面敗…
  3. 敷金の額を上回るため簡便法から原則法へ変更した事例(資産除去債務)
  4. 「消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編)」等が改訂されました…
  5. 電子帳簿保存法・スキャナ保存の承認申請書が一部簡素化
  6. 非上場会社において訴訟で総会決議取消となった理由(2例)
  7. 退職給付債務ー割引率がマイナスは28社(2019年3月期)
  8. 必要な資料の提出を促せば注意義務を尽くしたことになる?
  9. 企業等所属会計士に対する倫理規則が改正されたそうです
  10. 株式報酬に係る開示規制の改正-2019年7月1日より施行済み
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

「包括利益の表示に関する会計基準」の改正-振当処理に係る組替調整額は注記不要

2012年6月29日にASBJから改正「包括利益の表示に関する会計基準」が公表されました。

一番大きな改正点は、個別財務諸表への包括利益の表示の適用を当面見送るという結論になったため、個別財務諸表への適用に関する規定が削除されている点だと思います。
改正前は、この基準適用後1年をめどに個別財務諸表へ包括利益の表示を適用するかを判断するとされていましたが、結局見送られたということになります。

もう一つ地味な改正ですが、「その他の包括利益の内訳の開示」の部分で振当処理を採用している場合の組替調整額について以下のように規定が追加されています。

改正「包括利益の表示に関する会計基準」第31項(2)
「なお、為替予約の振当処理は、実務に対する配慮から認められてきた特例的な処理であることを勘案し、組替調整額及びこれに準じた開示は必要ないと考えられる。」

変わっていることを見逃してしまいそうな短い文章の追加ですが、実務上の混乱を解消するためには重要な改定といえます。
というのは、改正前の規定では、「組替調整額は、当期及び過去の期間にその他の包括利益に含まれていた項目が当期純利益に含められた金額に基づいて計算されるが、具体的には次のようになると考えられる」として、その項目の一つとして繰延ヘッジ損益の取扱いが以下のように示されていました。
「繰延ヘッジ損益に関する組替調整額は、ヘッジ対象に係る損益が認識されたこと等に伴って当期純利益に含められた金額による。なお、ヘッジ対象とされた予定取引で購入した資産の取得価額に加減された金額は、組替調整額に準じて開示することが適当と考えられる。」(31項)

外貨建予定取引をヘッジ対象とする為替予約等の振当処理の場合、予定取引が行われるまでは、決算日において為替予約等を時価評価し、評価差額を「繰延ヘッジ損益」として繰り延べることになります。

したがって、上記の規定に照らして考えると、振当処理の場合、「予定取引で購入した資産の取得価額に加減された金額」が生じ、この金額を集計開示しなければならないということになります。

ところが、そもそも振当処理が実務上の処理の煩雑さを軽減するために当面の間認められている例外的な処理であるにもかかわらず、組替調整額の注記だけ厳密にやる必要があるのか?という疑問が生じます。
このような疑問はあるものの、基準で書いてあることからすれば振当処理であっても組替調整額を注記対象とすべきといわれてしまえば、それに反論するのも難しく3月決算ではもめた会社もあったのではないかと思います。

今回の改正で「替予約の振当処理は、実務に対する配慮から認められてきた特例的な処理であることを勘案し、組替調整額及びこれに準じた開示は必要ないと考えられる」と明示されたことにより、上記のような混乱が避けられるようになります(すでに関係が悪化していたりすると意味がありませんが・・・)

日々成長

関連記事

  1. 「重要事象等」と「継続企業の前提に関する注記の関係」は?

  2. 連結BSに「仮想通貨」が298億円

  3. 長期為替予約とヘッジ会計適用の可否

  4. 会社計算規則の改正案-退職給付に関する会計基準対応も大きな影響な…

  5. 「改正法人税法及び復興財源確保法に伴い税率が変更された事業年度以…

  6. グループ法人税(その2)-完全支配関係とは?

コメント

    • かける
    • 2013年 12月 21日

    初めまして。
    昔の記事で申し訳ありませんが、質問させてください。

    31項(2)為替予約の振当処理について「組替調整額及びこれに準じた開示は必要ない」というのは、
    為替予約の振当処理から生じる損益は、組替調整額や資産の取得原価調整額には含めないという意味でしょうか。

    具体例を挙げます。

    前期末において、予定取引に係る為替予約の繰延ヘッジ損益が100
    当期、予定取引実施時における為替予約の評価益300(前期末から更に+200)
    話を簡潔にするために税効果はなしとします。

    前期末残高、当期末残高及び組替調整額等の値から当期発生額を求めるのが普通だと思いますが、振当処理から生じた300は組替調整額等としては集計しないということです。(結果的に、当期発生額に△100が内包されるということ)

    もし仮に、繰延ヘッジ損益に関する取引が上記の為替予約しか存在しないなら、下記のような表示になります。

    (当期包括利益計算書)
    繰延ヘッジ損益 △100

    (注記)
    繰延ヘッジ損益
    当期発生額 △100
    組替調整額   0

    上記の理解で正しいでしょうか。

    お忙しいところ大変恐縮ですが、返信いただければ幸いです。
    宜しくお願いします。

      • MAK
      • 2013年 12月 23日

      かけるさん

      回答が遅くなってすみません。

      ご質問の点ですが、ご理解のとおりでよいと思います。

      この点については、設例で解説されているようなものが見当たらないのですが、事例を探してみると、例えば2013年8月期のナガイレーベン株式会社では「為替予約については、振当処理の要件を満たすことから振当処理を採用しております」とされており、連結包括利益計算書関係の注記の繰延ヘッジ損益は、前期・当期とも当期発生額のみとなっています。

      上記の事例からしてもご理解のとおりで問題ないと思います。

        • かける
        • 2013年 12月 25日

        MAKさん
        ご回答いただきありがとうございます。

        基準では設例がなく、31項(2)の文章の意味が理解しきれませんでした。
        いろいろと調べてたところ、MAKさんのブログに到着しました。

        ナガイレーベンとファーストリテイリングの有報も確認しました。
        企業にとっては煩雑な作業が1つ減るので、ありがたい規定なのでしょうね。
        (僕は経理の実務経験がありません。)

        突然の質問にも拘らず、ご丁寧に対応していただき誠にありがとうございます。
        今後MAKさんのブログを拝見し、勉強させていただきます。
        これからも宜しくお願いします。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,389,492 アクセス
ページ上部へ戻る