閉じる
閉じる
閉じる
  1. 改正民法(その3)・・・危険負担
  2. 2018年12月期決算会社-改正税効果基準早期適用は15社
  3. 2019年3月期の決算発表日はどうなっている?
  4. 節税保険対応の通達改正案が公表
  5. 会計監査人の継続監査年数を最大10年と定めた会社の事例
  6. 2015年にマザーズに上場した会社の株主総利回りを試しに10社計算して…
  7. 地方法人税の還付請求失念に要注意
  8. 四半期レビュー報告書等の記載内容が改訂へ
  9. 改正民法(その2)-解除
  10. MTGが中国の新EC法の影響により大幅に下方修正
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

2012年上期のIPOは17社

早いもので2012年も既に半分が経過してしまいましたが、2012年上期の新規上場企業は17社となりました。

17社中13社において、初値が公募価格を上回っており、IPO市場に活気が戻ってきたという見方もあるようです。しかしながら、「公募価格」はいってみれば、単なる予想値にすぎませんので、初値が公募価格を下回る状況が散見されてきたので、保守的に公募価格を設定すれば、初値が公募価格を上回っても何ら不思議ではないのではないかと思います。

そこで、上期に上場した17社について、直近(2012年7月13日)の株価と初値・公募価格を比較してみました。
すると以下のようになっていました。

初値と比較すると直近の株価が初値を上回っているのが8社、下回っているのが9社となっています。
まだ最長でも上場してから4か月程度しか経過していないため、なんとも言えませんが、1年後に初値を上回る株価をつけている会社がどれくらいあるかが問題です。

単にマネーゲームとして株価が乱高下するのではなく、上場後も株価が順調に上がっていくというような新規上場会社が登場することが重要では ないかと思います。

主幹事証券で見ると、野村証券と大和証券がそれぞれ5社ずつとなっています。大和証券ががんばっているというところでしょうか。
また、監査法人はトーマツが6社と目立っています。

個々の案件には目を通していませんが、上記の17社で個人的に気になるのは、北の達人コーポレーションです。
初値が公募価格を下回ったにもかかわらず、直近の株価は初値の約2.5倍、公募価格と比較しても約2倍となっており、市場が札幌、主幹事が日本アジア証券会社、監査法人が清明となんだか興味を魅かれます・・・

日々成長

関連記事

  1. 時価純資産法の評価益に適用する税率は?-最終年度の事業税の取扱い…

  2. 消費税(その1)-平成23年税制改正復習

  3. 尖閣で世界の目、例によって冷淡-日経ビジネスオンラインより

  4. 破産手続きの終了を確認する方法

  5. 自己株式取得はどの時点で認識すべき?

  6. 不正リスク対応基準の公表-適用は平成26年3月期から(その2)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 7,798,846 アクセス
ページ上部へ戻る