閉じる
閉じる
閉じる
  1. 労働基準法の管理監督者性はやはり厳しいと感じた判例ー日産自動車事件
  2. 国内外数社の代表を務める納税者を居住者であると判断した課税当局が全面敗…
  3. 敷金の額を上回るため簡便法から原則法へ変更した事例(資産除去債務)
  4. 「消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編)」等が改訂されました…
  5. 電子帳簿保存法・スキャナ保存の承認申請書が一部簡素化
  6. 非上場会社において訴訟で総会決議取消となった理由(2例)
  7. 退職給付債務ー割引率がマイナスは28社(2019年3月期)
  8. 必要な資料の提出を促せば注意義務を尽くしたことになる?
  9. 企業等所属会計士に対する倫理規則が改正されたそうです
  10. 株式報酬に係る開示規制の改正-2019年7月1日より施行済み
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

SBI追跡記事-FACTA2012年8月号

SBIホールディングスもオリンパスに続いてしまうのか?“というエントリで、ここ半年くらいFACTAがSBIホールディングスを追っているということを書きましたが、FACTAの8月号では「SBIが面妖な日経全面広告」という記事が掲載されていました。

今回の記事の前半は、SBIが総会前日に日経にALA(5-アミノレブリン酸)に関する全面広告を掲載しているが、SBIファーマー(旧SBIアラプロモ)の時価総額を720億円と評価したことを正当化しようとするもので白々しいという感じの内容となっています。

今回の記事で興味深かったのは後半で、上記の時価総額720億円の根拠となったネクシィーズの増資の約半年前にSBIがアラプロモ株972億円をSBIの北尾吉孝氏に売却したという事実が、SBI香港上場時の目論見書に記載されていたという内容です。

「2012年12月30日、アラプロモの株式972株を1株102万8570円で、現金10億円で購入したとある」とのことで、「SBIのCEO(最高経営責任者)が、自分の会社が投資して尋常でない肩入れをしている企業の株式を、自ら会社ら購入するとはどういうことなのか。」とされています。

また、アラプロモの時価総額720億円の算出根拠となったネクシィーズや北尾氏が受けていた増資を同額で引き受けた企業が明らかとなったとして、以下の2つの企業の名前があげられています。
・ナガセ・・・「東進ハイスクール」「四谷大塚」「イトマンスイミングスクール」などを傘下に収めている。ナガセの母体をなった「ナガセ進学教室」を設立した永瀬氏が、北尾氏と野村証券の同期とのこと。
・澤田ホールディングス・・・HISやエイチ・エス証券などを傘下に収める持株会社。

また、コスモ石油が、旧アラプロモの14.4%株主であり、コスモ石油でのSBIファーマの評価額は1株5万円で、この差は何なのか?とされています。

ただこの点については、コスモ石油が旧アラプロモの設立時からの株主であれば、非上場株式なので時価評価されるわけではなく1株5万円で評価されていること自体は、会計基準上そうなっているというだけなのかもしれません。
逆に言えば、旧アラプロモは年々10億円の赤字を垂れ流す会社であったようですが、それでも減損されていないということになります。赤字も当初の事業計画どおりであれば、減損の対象から外されているということも考えられます。

この問題が、最終的にどうなるのか注目です。

日々成長

関連記事

  1. 200%定率法が会計に与える影響

  2. コントロールプレミアムの水準はどのくらいが妥当か?

  3. 「減価償却資産の耐用年数等に関する省令」の改正

  4. FA(ファイナンシャル・アドバイザー)への報酬の会計処理-オリン…

  5. 保守サービスの売上を一括計上から期間按分への変更した事例

  6. 保養所や社宅は「賃貸等不動産」の範囲に含まれるか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,389,515 アクセス
ページ上部へ戻る