閉じる
閉じる
閉じる
  1. 書面交付請求の対象範囲が縮減される方向へ
  2. プライム市場上場会社の英文開示実施率が92.1%に上昇
  3. 有償ストックオプションの会計処理が再論点化?
  4. 会計監査人の異動は2年連続で200社超
  5. 女性活躍推進法に基づく男女別賃金格差開示が2022年7月以後終了事業年…
  6. 日本税理士連合会がインボイス制度の導入延期か運用緩和を求める
  7. 光通信株式会社と株式会社光通信
  8. 株式需給緩衝信託の会計処理
  9. 非財務情報開示強化に向けた動向
  10. 監査法人ハイビスカスに対する行政処分等を勧告
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

円高関連の倒産が前年比2倍超の51社だそうです

帝国データバンクの調査によると、2012年上半期の「円高関連倒産」は51件で、前年同期の27件の2倍超となりました(負債1000万円以上、法的整理のみ)。なお、倒産原因別では、「受注減少」が全体の33.33%で最多、業種別では「製造業」が52.9%を占めています。

円高関連倒産の件数は2008年以降以下のように推移しています。

・2008年 14件

・2009年 35件

・2010年 58件

・2011年 85件

・2012年上期 51件

これだけ円高が続くと、上記のように徐々に円高関連の倒産が増加しているのも一般的には納得できますが、2011年版の中小企業白書によれば、1995年の円高と比べると円高がマイナスの影響があると回答した割合は低下しているとされています。この理由については、95年と比較すると実効為替レートが円安水準にあるためとしています。

とはいうものの、「2010年度を通じて、輸出を行う中小企業では、円高によるマイナスの影響があると回答する割合が増加傾向にあり、輸出を行う中小企業の約6割、輸出を行わない中小企業の約2割が、円高によるマイナスの影響があると回答している」ともされており、また85円の円高水準が続いた場合の対応を製造業にアンケートした結果では「海外生産の拡大」という回答が最も多かったとされています。

2011年版の中小企業白書は2011年7月に発表されており、主として2010年の状況が述べられていますので、1年以上前の状況であり、それ以降長期化する円高により影響が顕著に現われてきたということかもしれません。

低迷している感じがある日本円の独歩高が進んで倒産が増加するというのも、なんとも皮肉な話です。

また、この帝国データバンクの調査結果で、興味深かったのは「デリバティブ損失」による倒産が6月だけで7件も発生しているというものです。少し前に、”デリバティブ契約の押し売り?”というエントリで弁護士の後藤孝典氏が「会社分割」という書籍のあとがきで述べられていた内容を紹介しましたが、この7件のうち会社が欲しないデリバティブで倒産に追い込まれた会社があるのかどうかが気になります。

デリバティブ損失による倒産件数については、今後も注目です。

日々成長

関連記事

  1. CAGR(売上高成長率)

  2. 日本国債の格下げ

  3. 上場直後の食中毒発生は運が悪い?-鳥貴族

  4. SSBT OD05 OMNIBUS ACCOUNT-TREATY…

  5. 国民負担が少ない東電処理とは(その2)‐経産省 古賀茂明氏

  6. オイルシェールの天然ガス化(その2)




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,073,131 アクセス
ページ上部へ戻る