閉じる
閉じる
閉じる
  1. 賃上げ税制、宣言未達成でも適用の適否に影響なし
  2. 四半期報告書が廃止されても中間監査の復活はないようです
  3. 受取配当等益金不算入制度で多い誤りとは?
  4. メール送信する請求書ドラフトは電帳法対象外を応用すると…
  5. 四半期開示は結局どうなる?
  6. 取締役会議事録に記載しなければならない事項
  7. 意見不表明は極めて例外的な状況のみに許容される
  8. 副業の損失、雑損失として給与所得等との通算が否認されることも
  9. 任意の会計監査人
  10. “新”逓増定期保険、一時所得として課税対象になる可能性
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

IFRSの強制適用が延期されても定額法への変更は進んでいるようです

経営税務3079号(2012年9月3日号)で「本誌調査 24年3月期 上場会社の1.3%(32社)が会計方針変更」という記事が掲載されていました。

同記事によると、平成24年3月期決算の上場2,507社のうち、32社(1.3%)が「会計方針の変更」をおこなっており、このうち20社は定率法から定額法への変更であったとされています。なお、定額法から定率法へ変更した会社は1社もなかったとのことです。
 なお、直近5年間でみた場合は、定率法→定額法への変更は82社、定額法→定率法への変更は9社となっています。

この変更については、「IFRSを採用する欧州各国で定率法の事例が少ないことも影響している可能性がある。」、「ただし、変更理由でIFRSに言及した会社は1社もない」とされています。便益の費消パターンが定率法にマッチしていることを説明するのが難しいのでは?と言われてるだけで、IFRSにおいても定率法の採用が認められていないわけではないので、会計方針の変更理由でIFRSに言及しているケースがないのはある意味当然です。仮にIFRSで認められない可能性があるので変更するというのは、現時点では理由になりません。

したがって、変更理由としては、今後の便益費消パターンを見直した結果、定額法がより妥当な方法であったというような内容になります。平成24年3月期で定率法から定額法に償却方法を変更した会社の事例をいくつか確認したところ、以下のようになっていました。

1.帝人

2.住友化学

3.東海ゴム工業

4.横河電機

上記の事例からすると、今後「安定的な」稼働あるいは収益獲得が見込まれるという理由が使えそうです。一方で、東海ゴムのような記載は「経済的実態」をより反映したためという理由が記載されているものの、後半の海外子会社に方法を合わせたというのが実質的な理由のように感じられるので、前半をもう少し詳しく書いた方がよいのではないかと思います。

以下で、上記で紹介した4社以外の16社の社名だけ紹介しておきます。

・極楽湯
・ジェーシー・コムサ
・太陽日酸
・田岡化学工業
・新日本理化
・出光興産
・ジャパンパイル
・北越メタル
・住友電気工業
・昭和電線ホールディングス
・東プレ
・日新電機
・ユニ・チャーム
・空港施設
・丸運
・富士ソフト

日々成長

関連記事

  1. 時価算定会計基準を確認

  2. 会社区分が①から②に落ちたら・・・-繰延税金資産の回収可能性

  3. IAS7

  4. ICOの会計処理事例

  5. 経営財務が選ぶ2014年の5大ニュースとは?

  6. 破産手続きの終了を確認する方法




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,909,370 アクセス
ページ上部へ戻る