閉じる
閉じる
閉じる
  1. 19年3月期決算短信、2Q予想開示取りやめが2.9ポイント増加
  2. 不動産鑑定士の鑑定評価額、相続税法上の時価と認められず
  3. 一定の短期払のがん保険も資産計上対象に
  4. 日本税理士会連合会が給与所得控除削減を求める
  5. 労働基準法上、賃金の一部または全部を外貨で支払うことは可能か?
  6. 東京都令和元年10月1日以後の外形標準課税の超過税率が決定
  7. 公認会計士等の実質的異動理由を10個例示・・・企業内容等ガイドライン
  8. 2018年4月期~2019年2月期 開示すべき重要な不備は19社
  9. 子会社設立を代表取締役に一任することはできるのか?
  10. 大企業の経理マン、土地の譲渡対価を課税売上と誤認?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

The global debt clock-自分の預金もこれくらい増えるといいんですが・・・

イギリスの”The Economist”のHPに、The global debt clockというものが掲載されていました。これは、各国の負債残高の推移を示している時計です。

実際にサイトにアクセスすると以下のような画面が表示されており、一番上の数字がすごい勢いで増加していきます。


(出典:The EconomistのHP-the global debt clockより)

数秒に1回位金額が更新され、3回位で100万$位残高が増えてしまいます。世界地図で赤い色の国がGDPに対する債務の額が大きい国を意味していますが、日本、アメリカ、中国、オーストラリア、カナダ、イギリス、その他のヨーロッパ諸国あたりが赤くなっているのが見て取れます。

サイト上で各国にポインタを合わせると、各国の債務残高と対GDP比が表示されます。日本をみると約12.6兆$で対GDP比は220%です。アメリカも約11.8兆ドルと金額は大きいですが、GDPが日本の倍程度なので対GDP比でみると72.4%となっています。日本とアメリカで上記の債務残高の約半分となっています。

中国も日米と同様赤色表示になっていますが、債務残高は約1300億ドル、対GDPでは約16%にすぎません。また、債務問題で騒がれているヨーロッパ各国ですが、スペインで債務残高が約1,000億ドル、対GDP比で約72%、イタリアは2488億ドル、対GDPでは約120%です。

対GDP比で見た場合は、やはり日本の値が抜けてしまっています。次に高い国を探してみると、あのギリシャが約159%と高くなっていますが220%の日本とはかなり差があります。

国の債務が増えているということは誰かの資産が増えているということなので、金額が増加していること自体が問題ということではないと思うもの、対GDP比の割合が高くなると、どうやって返していくのかがやはり気になります。

日々成長

関連記事

  1. 太陽電池の変換効率大幅アップ

  2. 金融円滑化法利用後倒産が2カ月連続で過去最高を記録-帝国データバ…

  3. ライツ・オファリングリングとは?

  4. 「国税記者 実録マルサの世界」-田中周紀著

  5. 中小企業金融円滑化法終了カウントダウン-2013年2月利用後倒産…

  6. 日産自動車の配当利回りは4.62%

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,252,197 アクセス
ページ上部へ戻る