閉じる
閉じる
閉じる
  1. ムゲンエステート、消費税をめぐる裁判で上告を断念
  2. 研究開発税制の自社利用ソフトへの適用拡大
  3. 2021年2月期の小売業・サービス業のコロナ影響収束見込
  4. 公益財団法人への自己株の低額割当が散見される?
  5. 2021年3月期有価証券報告書、金融庁レビューの重点テーマ審査は?
  6. 在宅勤務時の残業食事代の課税関係
  7. 名義変更保険の節税が不可能になるようです
  8. ワーケーション旅費の税務上の取扱い
  9. 2020年12月期KAMの早期適用は8社
  10. 2021年3月期における法人税の誤りやすいポイントとは?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

「七つの会議」(池井戸潤 著)を読んで

「七つの会議」(池井戸潤 著)を読みました。筆者のことは知りませんでしたが、本帯の「いまこの会社で何かが起きている」というのが面白そうで手にとりました。

個人的な評価としては5点中3点といったところです。大手電機メーカの子会社である中堅電機メーカーで起こった企業不祥事を巡る物語ですが、読み終わった時に何となくすっきりしない感じがしました。ただし、これは、このような物語の好き嫌いの問題なのかもしれません。

組織の存続を優先するあまり不正を隠蔽しようとするあたりは、現実にもありそうな話ですが、「ありそう」であるが何となく中途半端、といったところでしょうか。池井戸氏は「空飛ぶタイヤ」「下町ロケット」なんかが有名なようで、確かにこれらの本を書店で見かけた記憶はあって、Amazonの評価ではいずれも高評価を受けているようですが、真山仁氏の「ハゲタカ」なんかの方が個人的にはあっているようです。

直ぐに、次の池井戸作品を読みたいという感じではありませんが、1冊で評価するのもどうかと思うので、また時間があれば「空飛ぶタイヤ」か「下町ロケット」のいずれかを読んでみたいと思います。

日々成長

関連記事

  1. 海外サイトからネット経由で商品を購入した場合の税金は?(その1)…

  2. 上場企業の5割にサイバー脆弱性?-FACTA2014年11月号よ…

  3. 公益財団法人への自己株の低額割当が散見される?

  4. デロイト 中国への情報漏洩懸念でコンサル200名が転職希望?

  5. 税理士事務所の事業承継にあたり営業権の対価が争われた事案

  6. メガソーラ事業の収益性は高い?

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,964,292 アクセス
ページ上部へ戻る