閉じる
閉じる
閉じる
  1. 2021年4月1日より「租税条約に関する届出書」の電子提出が可能に
  2. 算定・月変実務の変更点(2021年)
  3. ムゲンエステート、消費税をめぐる裁判で上告を断念
  4. 研究開発税制の自社利用ソフトへの適用拡大
  5. 2021年2月期の小売業・サービス業のコロナ影響収束見込
  6. 公益財団法人への自己株の低額割当が散見される?
  7. 2021年3月期有価証券報告書、金融庁レビューの重点テーマ審査は?
  8. 在宅勤務時の残業食事代の課税関係
  9. 名義変更保険の節税が不可能になるようです
  10. ワーケーション旅費の税務上の取扱い
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

アクセンチュアの本社はどこにある?

今回はコンサルティング会社のアクセンチュアについてです。アクセンチュアの本社は何処にあると思いますか?

御存知の方も多いと思いますが、アクセンチュアは元々、アンダーセンコンサルティングでした。その後、何だかんだと今は亡きアーサーアンダーセンと争って最終的に社名を変更しました。

そのため、個人的には本社はアメリカにあるものだと思っていましたが、なんと本社はアイルランドにあるそうです。なんで、こんなことを知ったのかというと経営財務の3090号(2012年11月19日号)の”世界会計よもやま話 アクセンチュア本社のアイルランド移転~先生のお点前拝見”とう記事でアクセンチュアが取り上げれていたためです。

この記事によると、2008年までアクセンチュアの本社はタックスヘイブンのバミューダにあったそうです。そして2009年に本社をアイルランドに移転したわけですが、その背景にはオバマ政権がタックスヘイブンに対して厳しい姿勢をとっていることがあったと解説されています。そして、アイルランドが選ばれた理由は「米国には租税条約があり,法人税はあるが同一グループ取引からの利益は免除されていることが決め手となった。」ということです。

2008年までの財務諸表は機能通貨を米ドルとして作成されており、本社をアイルランドに移転しても実態に大きな変更はないと考えられます。では、本社を移転することによって税務上どれくらいのメリットがあるかですが、この点について米国の実効税率39.5%に対して、アクセンチュアの2011年の税効果適用後の税金費用の負担率は27.3%となっています。ちなみに2010年は29.3%とやや高くなっていますが、それにしても約10%税金費用を低減させることができているということになります。

それにしても2011年8月期で約255億ドル(約2兆円)の売上をあげているということで、予想以上に大きな金額で驚きました。ちなみに同期の税前利益は約35億ドル(約2800億円)だそうです。

自身で節税をうまくやってこそ、多くの顧客をひきつけるコンサルティング会社となるという部分もある思いますが、日本の会社がここまで露骨に本社移転を行ったとしたら色々な場面で叩かれるのでは?という気がします。

日々成長

関連記事

  1. 東証1部上場会社、指名委員会設置が5割超へ

  2. 会社更生法はどんなもの?(その1)

  3. 「ザ・チェンジ!-人と職場がガラリと変わる12週間プログラム」を…

  4. 「経営危機には給料を増やす!」(村田 明博 著)を読んで

  5. 市場再編前にとりあえず市場変更する会社は多いのか?

  6. 2012年の上場企業におけるMBOは10社-経営財務3099号よ…

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,991,028 アクセス
ページ上部へ戻る