閉じる
閉じる
閉じる
  1. 受取配当金の益金不算入額過大計上に要注意?
  2. 米国の会計監査人在任期間100年超が3社
  3. 改正民法(その3)・・・危険負担
  4. 2018年12月期決算会社-改正税効果基準早期適用は15社
  5. 2019年3月期の決算発表日はどうなっている?
  6. 節税保険対応の通達改正案が公表
  7. 会計監査人の継続監査年数を最大10年と定めた会社の事例
  8. 2015年にマザーズに上場した会社の株主総利回りを試しに10社計算して…
  9. 地方法人税の還付請求失念に要注意
  10. 四半期レビュー報告書等の記載内容が改訂へ
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

アクセンチュアの本社はどこにある?

今回はコンサルティング会社のアクセンチュアについてです。アクセンチュアの本社は何処にあると思いますか?

御存知の方も多いと思いますが、アクセンチュアは元々、アンダーセンコンサルティングでした。その後、何だかんだと今は亡きアーサーアンダーセンと争って最終的に社名を変更しました。

そのため、個人的には本社はアメリカにあるものだと思っていましたが、なんと本社はアイルランドにあるそうです。なんで、こんなことを知ったのかというと経営財務の3090号(2012年11月19日号)の”世界会計よもやま話 アクセンチュア本社のアイルランド移転~先生のお点前拝見”とう記事でアクセンチュアが取り上げれていたためです。

この記事によると、2008年までアクセンチュアの本社はタックスヘイブンのバミューダにあったそうです。そして2009年に本社をアイルランドに移転したわけですが、その背景にはオバマ政権がタックスヘイブンに対して厳しい姿勢をとっていることがあったと解説されています。そして、アイルランドが選ばれた理由は「米国には租税条約があり,法人税はあるが同一グループ取引からの利益は免除されていることが決め手となった。」ということです。

2008年までの財務諸表は機能通貨を米ドルとして作成されており、本社をアイルランドに移転しても実態に大きな変更はないと考えられます。では、本社を移転することによって税務上どれくらいのメリットがあるかですが、この点について米国の実効税率39.5%に対して、アクセンチュアの2011年の税効果適用後の税金費用の負担率は27.3%となっています。ちなみに2010年は29.3%とやや高くなっていますが、それにしても約10%税金費用を低減させることができているということになります。

それにしても2011年8月期で約255億ドル(約2兆円)の売上をあげているということで、予想以上に大きな金額で驚きました。ちなみに同期の税前利益は約35億ドル(約2800億円)だそうです。

自身で節税をうまくやってこそ、多くの顧客をひきつけるコンサルティング会社となるという部分もある思いますが、日本の会社がここまで露骨に本社移転を行ったとしたら色々な場面で叩かれるのでは?という気がします。

日々成長

関連記事

  1. 学習塾の泥仕合・・・進学会VS栄光ホールディングス(2012年1…

  2. 鳥貴族28年ぶりの値上げ-株式市場は値上げを好感

  3. SBI案件も大詰めーFACTA9月号

  4. 顧客ロイヤルティを知る「究極の質問」-フレッド・ライクヘルド

  5. 毎日4時45分に帰る人がやっているつまらない「常識」59の捨て方…

  6. 現物株式報酬導入企業は累計130社に

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 7,819,920 アクセス
ページ上部へ戻る