閉じる
閉じる
閉じる
  1. 労働基準法の管理監督者性はやはり厳しいと感じた判例ー日産自動車事件
  2. 国内外数社の代表を務める納税者を居住者であると判断した課税当局が全面敗…
  3. 敷金の額を上回るため簡便法から原則法へ変更した事例(資産除去債務)
  4. 「消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編)」等が改訂されました…
  5. 電子帳簿保存法・スキャナ保存の承認申請書が一部簡素化
  6. 非上場会社において訴訟で総会決議取消となった理由(2例)
  7. 退職給付債務ー割引率がマイナスは28社(2019年3月期)
  8. 必要な資料の提出を促せば注意義務を尽くしたことになる?
  9. 企業等所属会計士に対する倫理規則が改正されたそうです
  10. 株式報酬に係る開示規制の改正-2019年7月1日より施行済み
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

定率法から定額法へ減価償却方法を変更する会社が急増

”有形固定資産の償却方法、定額法採用が急増”という記事が2012年11月5日号の経営財務に掲載されていました。

同記事によると、平成25年3月期の第1四半期に有形固定資産の減価償却方法を定率法から定額法へ変更した会社が80社あったとのことです。ちなみに平成24年3月期第1四半期では50社で、昨年との比較でも大きく増加しているそうです。

ここ2年で130社が定率法から定額法へ減価償却方法を変更しているということになり、かなりの数の会社が減価償却方法の変更に踏み切っています。

変更理由について、同記事では以下の二点を挙げています。

①グローバル化の進展により海外設備投資の重要性が増したため海外で採用されている定額法へ減価償却方法を変更しているため
②開示内容からは読み取れないものの、IFRS適用への準備によるため

平成25年3月期第1四半期で減価償却方法を変更した80社の約8割は東証一部上場会社で、この中には、日立製作所、ソニー、ホンダなどが含まれています。これらの会社はいずれも米国基準で決算を行っている会社ですが、これらの会社が定率法から定額法へと舵を切ったというのは興味深い点です。

日立製作所、ソニー、ホンダの平成25年3月期第1四半期の税前利益と減価償却方法の変更による影響額との関係は以下のようになっていました。

経営税務の記事のとおりグローバル化の進展による海外設備投資の重要性が増しているといっても、変更による影響額は決して小さな額ではありません。これらの3社は、従来から米国基準で財務諸表を作成しグローバルに活躍してきた会社なので、いまさら定額法への変更しなくてもよかったのではないかと思えてなりませんが、将来IFRSが強制適用され米国基準での開示が認められなくなった場合を想定して変更に踏み切ったということではないかと推測されます。

少し穿った見方をすれば、定率法による節税メリットを放棄してまで定額法を採用するのは国内投資は今後も減少していくことが予想されているということであるとも考えられ暗い気持ちになってしまいます。あるいは、IFRS適用を隠れ蓑に単に会計上の利益が出やすいようにしただけなのかもしれません。

定率法から定額法への変更は今後も増加していきそうですね。

日々成長

関連記事

  1. リース取引の会計処理の検討が再開-ASBJ

  2. 100%子会社株式の評価損に対する税効果(グループ法人税)

  3. 「連結財務諸表に関する会計基準」の改正で親子上場が減少?

  4. 大手監査法人から中小法人への会計監査人交代が鮮明

  5. 単体のみの会社も表示上の重要性基準は簡素化は適用

  6. 連結納税(その5)-連結納税のデメリットは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,390,446 アクセス
ページ上部へ戻る