閉じる
閉じる
閉じる
  1. 14期連続でGC注記を記載している会社の注記推移を確認してみた
  2. 大企業経理マンでも見落としがちな消費税項目③ーリバースチャージ
  3. IFRS適用会社(予定含む)が225社に
  4. 労働基準法の管理監督者性はやはり厳しいと感じた判例ー日産自動車事件
  5. 国内外数社の代表を務める納税者を居住者であると判断した課税当局が全面敗…
  6. 敷金の額を上回るため簡便法から原則法へ変更した事例(資産除去債務)
  7. 「消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編)」等が改訂されました…
  8. 電子帳簿保存法・スキャナ保存の承認申請書が一部簡素化
  9. 非上場会社において訴訟で総会決議取消となった理由(2例)
  10. 退職給付債務ー割引率がマイナスは28社(2019年3月期)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

高年齢者雇用安定化法の改正-継続雇用制度の対象者を限定できなくなります

2012年8月29日に「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律の一部を改正する法案」が可決成立しました。この改正の主な内容は以下の四点です。

1.継続雇用制度の対象者を限定できる仕組みの廃止

2.高年齢者雇用確保措置の実施及び運用に関する指針の策定

3.継続雇用先企業の範囲の拡大

4.違反企業に対する企業名公表規定の導入

1.継続雇用制度の対象者を限定できる仕組みの廃止 及び 2.高年齢者雇用確保措置の実施及び運用に関する指針の策定

現行法では、65歳未満の定年を定めている事業主が、高年齢者雇用確保措置として継続雇用制度を導入する場合、継続雇用の対象者を限定する基準を労使協定で定めることが可能ですが、2013年4月1日からは希望者全員を継続雇用制度の対象とする必要が生じます。

このような改正が行われた理由は、厚生年金の報酬比例部分の支給開始年齢が2013年4月1日から61歳に引き上げられるためです。65歳から厚生年金を受給が原則の我々の世代からすると報酬比例部分って何だ?という感じかもしれませんが、激変緩和措置として年金の受給開始年齢を徐々に引き上げている過程でのこっているもの位に考えておけばよいと思います。少なくとも昭和36年4月2日以降に生まれた方は、この報酬比例部分は受給できません。

具体的には以下のようなスケジュールで報酬比例部分の受給開始年齢が引き上げれていきます。

2013年4月1日 61歳

2016年4月1日 62歳

2019年4月1日 63歳

2022年4月1日 64歳

2015年4月1日 65歳

希望者全員の継続雇用制度は、年金受給開始までの雇用の継続を目的としているため、2013年3月31日までに継続雇用制度の対象者に関する選定基準を労使協定で定めている場合は、上記のスケジュールで受給開始年齢に達した以降の従業員に対して、引き続き従来の基準を利用できる経過措置が設けられています。つまり、厚生年金の報酬比例部分を受給できる従業員であれば、従来基準で継続雇用するしないを決定できるということです。

なお、「事業主が講ずべき高年齢者雇用確保措置の実施及び運用(心身の故障のための業務の遂行に絶えない者等の継続雇用制度における取扱いを含む。)に関する指針」が定められることになっています。この指針(案)では「心身の故障のため業務に堪えられないと認められること、勤務状況が著しく不良で引き続き従業員としての職責を果たし得ないこと等就業規則に定める解雇事由又は退職事由(年齢に係るものを除く。以下同じ。)に該当する場合には、継続雇用しないことができる。」とされています。

今後は、この「継続雇用しない場合ができる」ということを巡って争いが増えてくるのではないかと思いますが、解雇同様、使用者側の立場からすると条件はかなり厳格なものとなると考えられます。

2.継続雇用先企業の範囲の拡大

これは改正法では、高年齢者の継続雇用先を子会社や関連会社などに広げることができるようになるということです。しかしながら、大企業の場合、ある程度年齢が高くなると子会社等へ移ることも多いように思うので、これがそれほどインパクトがある改正であるのかは不明です。

3.違反企業に対する企業名公表規定の導入

これは、障碍者雇用安定法で既に行われているのと同様の方策ですが、障碍者雇用安定法でそれなりに効果があることから同様に導入されることとなったようです。

4.2013年4月1日以降に60歳定年を迎える従業員に対する注意点

来年、60歳で定年を迎える従業員のついて、現時点で従来の継続雇用の基準で雇用を継続しないとしてしまっている場合には、注意が必要です。2013年4月1日以降は、上記のとおり新たな対応が必要となるため、定年を迎えるのが2013年4月1日以降であれば継続雇用の対象となります。

我々は何歳で引退できるのか・・・。65歳はないんだろうな・・・67歳くらいか・・・

日々成長

関連記事

  1. 計画停電時の休業手当の要否(厚生労働省通知)

  2. 2019年4月1日施行の働き方改革法を確認(その1)

  3. 会計士・税理士もついに失業給付が受給可能となりました

  4. 残業の自己申告制について(その1)

  5. 取引先の接待に要する時間は時間外労働か?

  6. 節電による消灯と労働安全衛生法違反の可能性

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,420,032 アクセス
ページ上部へ戻る