閉じる
閉じる
閉じる
  1. 改正民法(その3)・・・危険負担
  2. 2018年12月期決算会社-改正税効果基準早期適用は15社
  3. 2019年3月期の決算発表日はどうなっている?
  4. 節税保険対応の通達改正案が公表
  5. 会計監査人の継続監査年数を最大10年と定めた会社の事例
  6. 2015年にマザーズに上場した会社の株主総利回りを試しに10社計算して…
  7. 地方法人税の還付請求失念に要注意
  8. 四半期レビュー報告書等の記載内容が改訂へ
  9. 改正民法(その2)-解除
  10. MTGが中国の新EC法の影響により大幅に下方修正
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

シャーペンの0.9mm赤替え芯を発見

業務上たまに赤鉛筆を使用したいと思うことがあるのですが、鉛筆削りを持ち歩くのが面倒なので、最初はシャーペンの赤芯(0.5mm)を利用していました。ところが、替え芯の赤芯は柔らかめにできているようで、勢いよく書くとすぐに芯が折れてしまって個人的には使い物になりませんでした。

最近はフリクションペンが登場したことによって、フリクションペンを使用していました。これであれば赤鉛筆と同様、消すことができるので便利です。ただ、赤鉛筆に比べて、色が濃くでるので何となく味がないという感じがします。

シャーペン用の赤替え芯の0.7mmがあればいいのに、といつも思っていますが、残念ながら0.7mmの替え芯は見当たりません。しかし、先日amazonで検索していたら0.9mmの替え芯を発見しました。これは、フエキ建築用シャープ替え芯0.9というもので、木材やコンクリートにも書けるということなので、紙に書いた場合に消しゴムで消せるのかが微妙な感じがしますが、使用してみないことにはわからないので注文してみました。

0.9mmを超えると、コクヨ シャープペンシル 1.3mmというものもありました。これも候補になりましたが、見栄えの問題で上記のシャーペンの替え芯を選択しましたが、使用感によっては次はこれを使用してみようと思います。

≪追記≫

「フエキ建築用シャープ替え芯0.9」が届いたので早速使用してみました。感想としては、若干色が薄いように感じますが、さすがに0.5mmとは異なって直ぐに芯が折れるということもなく使用できます。Campus Junior Pencil 1.3も使用してみましたが、こちらの方が朱色という感じで、書いた感じは赤の色鉛筆に近いというように思います。どちらも悪くありませんが、Campus Junior Pencil 1.3については替え芯が品薄のため、当面は「フエキ建築用シャープ替え芯0.9」を使用してみようと思います。なお、いずれも、消しゴムで消せません(がんばれば可能かもしれませんが・・・)

日々成長

関連記事

  1. 人気ブロガーの記録術―すべてを記録する方法とは?

  2. Word文書をPDF化するなら「Microsoft Print …

  3. Office2013ではアップグレード版がなくなる?

  4. ノートPC増設メモリ末尾の”/E”は何だ?

  5. Evernote

  6. 知らなかった便利な関数-SUMIFS関数

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 7,798,777 アクセス
ページ上部へ戻る