閉じる
閉じる
閉じる
  1. のれん償却を再導入せず:IASB予備的見解
  2. 顧問契約解除で報酬を請求し税理士が勝訴した事例
  3. クラウドサービス初年度利用料が高く設定されている場合の税務上の取扱いは…
  4. 有給休暇5日はいつまでに取得しなければならない?
  5. 個人の青色申告特別控除が55万円に引き下げー65万円の控除を維持するに…
  6. 消費税増税施行日をまたぐ適用税率ー間違いやすい3つのポイントとは?
  7. 開示規制違反に関する課徴金納付命令は過去5年で最多
  8. 連結納税制度がグループ通算制度へーシンプルな制度に期待
  9. 「中小企業金融円滑化法」(モラトリアム法)が19年3月で実質終了ーその…
  10. 監査法人の継続監査期間開示、早期適用は83社
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

知らなかった便利な関数-SUMIFS関数

当然と言えば当然なのですが、Excelのバージョンアップが行われると関数も増えているようで、知らないうちに便利な関数が追加されていることがあるようです。

私の場合、その一つがSUMIFS関数でした。調べてみるとEXCEL2007から追加された関数ということで、ずっと前からあったんじゃん!ということですが、先日あるファイルを見ていてこの関数が使用されていたのでその存在に気づきました。

SUMIFS関数はSUMIF関数と間違ってしまいそうですが、違いは最後のsです。ここからも想像できるかもしれませんが、SUMIFS関数では条件を複数使用することができるという点が条件が1つに限られるSUMIF関数と異なります。

具体的な例で考えてみます。以下のようなデータから、C社に対する商品Xの売上はいくらかを集計したいという場合にSUMIFS関数が利用できます。

SUMIFS関数の最初の入力画面は以下のような感じです。

複数条件なんか入れられないのでは?という画面ですが、入力していくと以下のように関数ウィザードが広がっていきます。SUMIF関数を使用している方であれば、特に難しいことはないと思いますが、入力内容を記載しておきます。

①合計対象範囲・・・合計したいデータの範囲を指定します。上の例では、「売上」データの一番上から一番下を指定します。
②条件範囲1・・・抽出したい条件が入力されているデータの範囲を指定します。上の例では最終的にC社に対する商品Xの売上を集計したいので、とりあえず得意先データの入っている範囲を条件1の範囲に指定します。
③検索条件1・・・検索条件は今回の例では「C社」なので、C社の入力されているセルを指定します(「C社」と入力してもかまいません)。
④条件範囲2・・・もう一つの条件である商品が入力されているデータの範囲を指定します。
⑤検索条件2・・・ここまでくるとくどいですが、「X」の入力されているセルを指定します。

入力し終わると、以下のような感じになります。

そして、計算すると以下のように結果が表示されます。

上記の例くらいのデータ数であれば他にやり方はいくらでもありますし、データ数が多くてもピボットで集計することは可能ですが、選択肢の一つとして覚えておいても損はないと思います。私の場合、文字列を結合してユニークなKEYを作ってSUMIF関数を使用するということをたまにやっていましたので、SUMIFS関数はありがたい関数です。

EXCEL関数も定期的に知識をアップデートしないと時間を無駄にしていても気づきませんね・・・

日々成長

関連記事

  1. Excelの使い方を改めて確認してみた(その2)

  2. 海外で安くiPhoneを使うには・・・

  3. Evernote

  4. Sugarsyncの「ウェブアーカイブ」はどこに・・・

  5. 「日産 驚異の会議-改革の10年が生み落したノウハウ」を読んで

  6. Wordの不思議(その4)-オートフォーマットの不思議

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,568,458 アクセス
ページ上部へ戻る