閉じる
閉じる
閉じる
  1. 贈与税、暦年課税が廃止の方向で議論
  2. 監査法人大手門会計事務所の会計士1名が登録抹消、法人は解散へ
  3. 東証時価総額上位500社の取締役・執行役の報酬に占める業績連動報酬割合…
  4. 子会社株式の購入手数料-消費税は共通対応でいいそうです
  5. 海外子会社への復旧支援も寄附金に該当せず(新型コロナ)
  6. 顧客紹介に係る謝礼と交際費
  7. 子会社から親会社の配当に対して源泉徴収が不要となる?
  8. 旧経営陣解任の総会への委任状返信に3,000円のクオカードの可否
  9. 同一労働同一賃金-日本郵便事件最高裁判例を確認
  10. 公認会計士のM&A仲介トラブル-会計士・会社双方の請求を認め…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

物価上昇率2%はどの程度の水準か?

安倍政権は、日銀に対して、消費者物価の前年比上昇率2%の物価目標を設定するよう求めているというのは繰り返し伝えられていますが、「消費者物価の前年比上昇率2%」というのはどの程度の水準なのかがイマイチわかりません。

そこで、長期的な消費者物価の推移を確認してみることにしました。消費者物価の時系列データは、政府統計の総合窓口「e-Stat」で昭和45年(1970年)以降のデータが公表されています。が・・・、12月29日~1月3日までシステムメンテナンス中ということで、生データを確認できませんでした(メンテナンス期間長すぎませんかね・・・)。

仕方がないのでウィキペディアに掲載されていた消費者物価指数のグラフを借用させていたくことにしました。


(出典:ウィキペディア「消費者物価指数」)

正確な数値がわかりませんが、バブル景気(1986年~1991年)の後半にあたる89年~92年が対前年比で概ね3%前後となっています。それ以降は、右肩下がりで低下していき、97年および2008年に局地的に2%を超えているように見えますが、長続きしていません。

1993年(平成5年以降)のデータについては、総務省統計局のHPで確認できたので、もう少し大きなグラフを転載すると、以下のようになっています。

(出典:総務省統計局「PSI(ポケット統計情報)年報 消費者物価指数(全国)の前年同月比の推移」より)

1993年以降、生鮮食品を除く総合指数が2%を超えているのは1997年4月~1998年1月(平均2.14%)と2008年7月~9月(平均2.4%)のみとなっています。

このような状況からすると、2%というのは結構高いハードルのように感じられます。もっとも物価上昇が目的というよりは、消費者にインフレ期待を生じさせることによって「早くお金を使わないと」という気にさせることが狙いなので、そこまで徹底的にやるという姿勢を示したいための数値と考えれば意味があるのかもしれません。

理屈としてインフレ期待が消費を促進するというのは理解できなくはないのですが、個人的な実感としては、デフレだから消費を控えているということはなく、必要なもので資金があれば購入しているという気がするので、インフレ期待で消費を増やす人がどれだけいるのかは疑問です。富裕層あるいは金融資産の大半を保有していると言われる高年齢者が消費を増やして、マクロ的に景気が良くなるというのは無理がありそうです。

財政政策も組み合わせて実施するとのことなので、その効果をいかにうまく景気回復という印象として国民に刷り込めるかが重要なのかもしれません。

ドルも1$=87円台に乗せて円安方向に推移しており、円高がすべての元凶という言い訳も次第に使えなくなってきています。株価はあがれど景気回復は実感できずという事態だけは避けてもらいたいと思います。私のように、使えるお金があれば使い道はいくらでもあるという人は多いのではないかと思いますが、そういう人にお金が回ってくる年になるといいですね。

日々成長

関連記事

  1. 高福祉=幸せか?(世界一幸せな国デンマークについて)

  2. 日本の政治の実態-「日本中枢の崩壊」を読んで

  3. 中小企業金融円滑化法は延長されるのか?

  4. 「生活保護 3.7兆円が日本を蝕む」-週刊ダイヤモンドより

  5. 企業財務会計士とは?

  6. 23区格差ー池田利通著

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,385,930 アクセス

ページ上部へ戻る