閉じる
閉じる
閉じる
  1. 「資本剰余金」を減資とする配当をきちんと伝達されずに面倒なことになった…
  2. 14期連続でGC注記を記載している会社の注記推移を確認してみた
  3. 大企業経理マンでも見落としがちな消費税項目③ーリバースチャージ
  4. IFRS適用会社(予定含む)が225社に
  5. 労働基準法の管理監督者性はやはり厳しいと感じた判例ー日産自動車事件
  6. 国内外数社の代表を務める納税者を居住者であると判断した課税当局が全面敗…
  7. 敷金の額を上回るため簡便法から原則法へ変更した事例(資産除去債務)
  8. 「消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編)」等が改訂されました…
  9. 電子帳簿保存法・スキャナ保存の承認申請書が一部簡素化
  10. 非上場会社において訴訟で総会決議取消となった理由(2例)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

IFRS任意適用10社目は楽天-2013年12月期第1四半期より

2012年12月20日に楽天が2013年12月期からIFRSを任意適用することを発表しました。2013年12月期の第1四半期から適用ということなので、既に開始されているこの第1四半期からの適用となるようです。

これで、IFRSの任意適用は10社となります。グローバル化を意識し社内公用語を英語にするといったことで話題となった楽天なので、IFRSの任意適用という選択も自然な感じはします。

ただし、2011年12月期のセグメント情報によると「本邦の外部顧客売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超える」状況にあり、実績的にはグローバル化はまだまだこれからという感じがします。社内公用語を英語にするのと同様、グローバル化への先行準備という位置づけという評価が妥当ではないかと思います。

ところで、社内公用語を英語にするといえば「楽ユニショック」の片割れのユニクロ(ファーストリテイリング)の動向も気になりますが、こちらも売上5兆円を目指すくらいの会社なので、当然のごとく準備中なのではないかと思います。

潜在的には、相当数の会社がIFRSの任意適用に向けて準備しているものと推測されます。2013年中に任意適用を発表する会社が何社になるのか注目です。

日々成長

関連記事

  1. 消化仕入の表示方法を総額表示から純額表示へ変更-平成28年3月期…

  2. IFRS適用会社(予定含む)が225社に

  3. IAS10(後発事象)

  4. IFRSの任意適用で赤字から黒字へ-そーせいグループ

  5. SEC登録を廃止しても米国基準を継続使用できるのは・・・

  6. 株式割引発行差金-韓国GAAPとIFRS

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,423,579 アクセス
ページ上部へ戻る