閉じる
閉じる
閉じる
  1. 改正民法(その3)・・・危険負担
  2. 2018年12月期決算会社-改正税効果基準早期適用は15社
  3. 2019年3月期の決算発表日はどうなっている?
  4. 節税保険対応の通達改正案が公表
  5. 会計監査人の継続監査年数を最大10年と定めた会社の事例
  6. 2015年にマザーズに上場した会社の株主総利回りを試しに10社計算して…
  7. 地方法人税の還付請求失念に要注意
  8. 四半期レビュー報告書等の記載内容が改訂へ
  9. 改正民法(その2)-解除
  10. MTGが中国の新EC法の影響により大幅に下方修正
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

配当の効力発生日は総会の翌日でなければならないのか?

3月決算の会社が定時株主総会での決議を条件に剰余金の配当を実施使用とする場合、株主資本等変動計算書に関する注記に以下のような内容を記載する必要があります。


(平成24年3月期シャープ)

上記の注記は会社法の定めに対応したものとなっています。すなわち、会社法では剰余金の配当をする場合、株主総会決議で以下の事項を定めなければならないとされています(会社法454条1項)。

①配当財産の種類(当該株式会社の株式等を除く。)及び帳簿価額の総額
②株主に対する配当財産の割当てに関する事項
③当該剰余金の配当がその効力を生ずる日

上記の③から配当の効力発生日についても定めなければなりません。そして、上場会社の場合、上記の例のとおり配当金の効力発生日は総会の翌日で、かつ効力発生日に支払いが完了するのが一般的です。

ここで、配当の効力発生日は総会の翌日でなければならないのか、および配当の効力発生日=支払日でなければならないのかという疑問が生じます。単純に考えると、総会の日=配当金の効力発生日としたほうがすっきりします。

そもそも、配当金の効力発生日とは何なのかですが、これは株主が配当金の支払いを請求することが可能となる日という理解で間違いなさそうです。このことからすれば、配当の効力発生日を総会当日とすることも可能と考えられます。

ページ:

1

2

関連記事

  1. 責任限定契約の対象拡大-改正会社法(その9)

  2. 東芝、定時株主総会もついに幕張メッセで開催予定に

  3. 自己株式取得はどの時点で認識すべき?

  4. 「会社法制(企業統治関係)の見直しに関する中間試案」を確認(その…

  5. 計算書類の追加情報は強制or任意?-期末日満期手形は開示が必要か…

  6. 監査役会非設置会社で複数の監査役がいる場合の監査報告書は1枚?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 7,798,846 アクセス
ページ上部へ戻る