閉じる
閉じる
閉じる
  1. 新型コロナウイルス感染拡大により本社移転件数は増加している?
  2. 在宅勤務にみなし労働時間制を適用できるか
  3. 2021年4月1日から総額表示への切替えはそれほど厳格に求められないら…
  4. 2020年のIPOは13年ぶりの高水準
  5. 国税庁から在宅勤務にかかる費用負担等に関すFAQが公表されました
  6. 棚卸立会もリモートで実施可能?
  7. 令和2年分の給与支払報告書は前倒しで提出したほうがよいらしい
  8. 改正会社法施行日前に取締役の報酬等の決定方針を決議する必要があるそうで…
  9. 市場区分の見直しに向けた上場制度整備-第二次改正事項が公表
  10. 2020年IPOは93社-監査法人別の社数の傾向に変動あり
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

Google画像検索 vs クックパッドプレミアムサービス(どんもの編)

クックパッドを使用している主婦(夫)の方は多いようですが、今回はクックパッドで少し実験をしてみることにしました。

名付けて、グーグル画像検索VSクックパッドプレミアムサービスです。

クックパッドは無料でレシピを検索できるものの、一番人気のレシピを検索したりするためには月額約300円のプレミアムサービスに加入しなければなりません。普通にグーグル検索で「クックパッド 牛丼」というような検索をかければ、上位に出てくるのが人気のあるレシピであるはずですが、もう少し踏み込んで、画像検索をしてみたらどうなるのか?を試してみました。

例えば、クックパッドで「牛丼」を検索すると、プレミアムサービスへの加入を勧める以下のような画面が表示されます。

2013-04-29_1

ここに表示されているのが、本当に検索時点の一番人気~三番人気のレシピである保証はありませんが、本当だと仮定して実験を開始することにします。

とりあえず今回は丼もの特集ということで、実験してみます。試してみたのは以下の8つです。画像をクリップしてGoogleで画像検索をかけてみるという作業を地道に繰り返すだけです。

  1. どんぶりもの
  2. 牛丼
  3. 親子丼
  4. かつ丼
  5. 天丼
  6. 中華丼
  7. キムチ丼

1.どんぶりもの

結果は、画像を見る限りでは表示されていた1番人気~3番人気と同一と思われる以下のレシピの検索に成功しました。
1番人気 こってり甘旨っ!◆豚丼◆
2番人気 牛丼~吉野家風~☆
3番人気 親子丼

2.牛丼

牛丼の2番人気は画像検索では発見できませんでしたが、通常のキーワード検索で上位に表示されていました。3番人気のレシピも最初の検索結果は無関係でしたが2番目、3番目の表示から検索可能でした。

1番人気 牛丼~吉野家風~☆
2番人気 お肉ふっくら柔らか◆牛丼◆
3番人気 覚え易い味付け*絶品吉野家風牛丼

3.親子丼

ここまでくると何となく検索のこつみないなものがつかめつつあります。どうやら画像検索の場合、一番最初に表示されるものというよりも、そのページでタイトルから関係しそうなものを開いてみるのがよいようです。
1番人気 親子丼
2番人気 親子丼
3番人気 ☆親子丼☆

4.かつ丼

1番人気 1人前♪おいし~カツ丼タレ&作り方♡
2番人気 我が家のソースカツ丼
3番人気 うちのおすすめかつ丼♪とろとろ卵が絶品!

5.天丼

天丼の2番人気は天丼ではない画像だけにどうなるのかと思いましたが、検索結果をみて納得の画像でした。また3番人気は探すのに2分位かかりましたが、以下のレシピの画像のようです。

1番人気 簡単 美味しい 天丼のたれ
2番人気 ★我が家の天つゆ&天丼のたれ★
3番人気 卵とじ天丼♥天ぷらリメイクにも

6.中華丼

1番人気 絶品●中華丼●
2番人気 お手軽に!白菜&人参&豚コマの中華丼
3番人気 八宝菜・中華丼

7.キムチ丼

キムチ丼はもともとの件数が少ないため、3番人気だと「つくれぽ2件」と本当にあっているのか不安ですが、画像的にはこれのはずです。
1番人気 ★激うま!豚キムチ丼☆
2番人気 簡単おいしい♡豚キムチ丼
3番人気 納豆キムチ丼

さて、色々と検索してみましたが、結論としてプレミアムサービスへの入会を促している画像の表示が本当であれば1番人気~3番人気のレシピを探し当てることは簡単であるというのが結論です。グーグルの検索能力おそるべし!といったところでしょうか。ただ、こんな感じの検索すら面倒だという方は、月額300円程度なのでプレミアムサービスを利用するのもよいのでないかと思います。

日々成長

関連記事

  1. この異常なアクセス数はどうやらYahooのリンクによる影響のよう…

  2. 本当なら腹立たしい記事(民主党へ)

  3. ECO名刺

  4. アメックスのスカイトレベラーってどうなんだろう

  5. 2011年も折り返し地点

  6. 伝え方が9割だとすると結果は変わっていたのか?

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,574,147 アクセス

ページ上部へ戻る