閉じる
閉じる
閉じる
  1. 改正項目の「事業等のリスク」、2019年3月期の早期適用は26社
  2. 証券取引等監視委員会が令和元年の「開示検査事例集」を公表
  3. 清流監査法人に業務改善命令
  4. 収益認識会計基準の注記事項等が明らかに
  5. 社有車運転中の音声をドライブレコーダーで強制的に録音することの可否
  6. 通達に従った税務処理を否認する課税処分が司法でも相次いで容認されている…
  7. ASBJ LIBOR公表停止対応で契約の条件変更とヘッジ会計に関する論…
  8. 監査役協会-監査役会への監査役選解任件の付与等を提言
  9. ムゲンエステートがマンション仕入控除訴訟で敗訴-東京地裁
  10. 改正会社法、今臨時国会(12月9日まで)に成立させたい意向
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

ANAカードを上回る還元率って?-漢方スタイルクラブカード

ANAのマイルをクレジットカードで貯めるには、100円で1マイルたまるANAカードが最も効率のよいクレジットカードだと思っていましてが、これを上回る還元率のクレジットカードがあります。

その名も、漢方スタイルクラブカードです。カードのラインアップとしてはJACCS VISAとJACCS JCBの二種類になっています。

何故、漢方でANAマイル?という感じですが、このカードがすごいのは、

  1. ANAのマイル還元率が1.05%。つまりANAカードですら1%(100円で1マイル)のところ、このカードは100円で1.05マイルがたまるということになります。
  2. 年会費は初年度無料、2年目以降は1,575円と、ANAカードの一般カード2,100円より安い。
  3. 家族会員の年会費も420円と、ANA一般カードの1,050円の半額以下。
  4. しかも、ANAマイルの移行手数料が無料。ANA一般カードの場合、VISAは年間6,300円、JCBは2,100円がかかります(10マイルコースの場合)。
  5. さらに、カードの付帯保険も以下のように充実しています。
  6. ① 海外旅行傷害保険(自動付帯)
         傷害死亡・後遺障害 最高  2,000万円
         傷害・疾病治療費用 最高  200万円
         賠償責任 最高  2,000万円
         携行品損害 最高  20万円
         救援者費用  最高  200万円

    ② 国内旅行傷害保険(利用付帯)
         傷害死亡・後遺障害 最高  1,000万円
         入院費用 日額  5,000円
         手術費用 最高  20万円
         通院費用 日額  3,000円

    ちなみに、ANA一般カードの場合は、以下のようになっています。

    海外旅行傷害保険:1,000万円
    国内航空傷害保険:1,000万円
    国内旅行傷害保険:なし

    ANAカードと比較してデメリットをあげるとすれば、このカードのポイントは2,000円で7 point(1point=ANA7マイル)とポイントの付与単位が大きい事(ANAカードは1000円単位)と、搭乗ボーナスおよびカード更新時のボーナスマイルがないことくらいでしょうか。

    ここまで、やって大丈夫なのかとかえって不安になってしまうくらいの内容です。ANAカードの奮起も期待したいところです。

    ANAマイルを貯めるための他のクレジットカード候補については、クレジットカードdeマイル.comで紹介されています。楽天カードもたしかにありかも・・・

    日々成長

関連記事

  1. おいしいから売れるのか、売れているからおいしいのか?

  2. 福島原発の現状

  3. 2011年も折り返し地点

  4. 本当なら腹立たしい記事(民主党へ)

  5. 明けましておめでとうございます。

  6. 日本の政治はどうすればよくなるのか

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,833,507 アクセス
ページ上部へ戻る