閉じる
閉じる
閉じる
  1. 14期連続でGC注記を記載している会社の注記推移を確認してみた
  2. 大企業経理マンでも見落としがちな消費税項目③ーリバースチャージ
  3. IFRS適用会社(予定含む)が225社に
  4. 労働基準法の管理監督者性はやはり厳しいと感じた判例ー日産自動車事件
  5. 国内外数社の代表を務める納税者を居住者であると判断した課税当局が全面敗…
  6. 敷金の額を上回るため簡便法から原則法へ変更した事例(資産除去債務)
  7. 「消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編)」等が改訂されました…
  8. 電子帳簿保存法・スキャナ保存の承認申請書が一部簡素化
  9. 非上場会社において訴訟で総会決議取消となった理由(2例)
  10. 退職給付債務ー割引率がマイナスは28社(2019年3月期)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

ハズレ馬券訴訟-大阪地検は控訴の構え

毎日新聞の報道(2013年5月30日)によると、ハズレ馬券の経費性を巡って争われた裁判で、脱税額を大幅に減額した大阪地裁判決を不服として、大阪地検は大阪高裁に控訴する方針を固めたとのことです。

この裁判では、検察側が外れ馬券の購入費は経費ではないとし、所得を約29億円と主張したのに対して、裁判所は、問題となったケースにおいて払戻金は雑所得に当たると判断し、外れ馬券を経費と認めて、所得を約1億4000万円、脱税額を約5000万円に減額する判決を下しました。

なお、無申告は違法とし、懲役2月、執行猶予2年(求刑・懲役1年)が言い渡されています。

求刑・懲役1年に対して執行猶予つきの懲役2月が不服という可能性もありますが、やはり、検察側としては「ハズレ馬券」が経費とは認められないということなのでしょう。

ただし、裁判所も「ハズレ馬券」が直ちに経費になると認定しているわけではなく、今回問題となったケースにおいて大量かつ機械的・継続的に馬券を購入しているという状況を勘案の上、雑所得として認定しているわけなので、これ以上争わなくてもいいのではないかという気がしてなりません。

競馬場があるお隣の京都府なら、状況はかわっていたりして。。。いったいどこまでいくのか今後の展開を見守りたいと思います。

日々成長

関連記事

  1. 前月に給与支払いがない従業員に対して賞与を支給した時の源泉徴収方…

  2. 未払残業の和解解決金は課税対象か?

  3. ゴルフ会員権の譲渡損が損益通算廃止の方向へ

  4. 役員退職慰労金制度の廃止トレンド

  5. 復興特別所得税の区分処理方法(その2)

  6. 年末調整は会社の義務か任意か?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,420,032 アクセス
ページ上部へ戻る