閉じる
閉じる
閉じる
  1. 令和4年度税制改正で少額固定資産の損金算入制度が見直し?
  2. 個人会計士事務所では上場会社の監査ができなくなるそうです
  3. 令和5年度税制改正では法人税増税?
  4. 免税事業者の適格請求書発行事業者登録日で2年縛りに違いが生じる?
  5. 2023年3月以降開催総会から総会資料の電子提供開始
  6. 平均監査報酬は微増 監査実施状況調査(2020年度)
  7. 改正電子取引 宥恕規定制定の状況は?
  8. 契約負債に流動固定分類は不要?
  9. 改正電子帳簿保存法 電子取引に宥恕規定が設けられるようです
  10. 会計士CPE履行要件を満たさない場合は登録抹消も視野に検討
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

リース取引の会計処理の検討が再開-ASBJ

2013年5月16日にIASB(国際会計基準審議会)とFASB(米国財務会計基準審議会)からリースの再公開草案が公表されたことを受け、ASBJ(企業会計基準委員会)でもリース取引の会計処理に関する審議が再開されました。

IASBおよびFASBの再公開草案で提案されている会計処理の概要は以下の通りです。

  1. 借手は、短期リース(12カ月以内のリース)を除きすべてのリースをオンバランスしなければならない(=すべてのリースから生じる資産および負債を貸借対照表に計上しなければならない)
  2. 不動産か不動産以外のリースかによって会計処理を使い分ける

会計処理の使い分けとは?

公開草案では、上記のとおり不動産か不動産以外のリースかによって異なる会計処理を使用することが提案されています。
具体的には、リース取引をTypeAとTypeBに分類し、それぞれ以下のような処理を行うことが提案されています。

  • TypeAのリース:前倒しで費用を計上する
  • TypeBのリース:毎期定額の費用を計上を計上する
  • TypeAおよびTypeBの会計処理については、①資産計上された金額の償却と②リース債務に対する利息費用の計上という二つの側面があるという点をまず頭に入れておくと、以下が理解しやすいと思います。

    (1)不動産以外のリース(機械装置等のリース)

    不動産以外のリースは、上記のうちTypeAに分類されます。TypeAに分類されたリースについて、資産計上された金額(使用権資産)は原則として定額法で償却することが提案されています。

    これだけだとTypeBでは?という感じがしてしまいますが、リース債務の処理方法についてはTypeAでもTypeBでも同様の処理が提案されているため、資産計上された金額を定額法で償却すると毎期の費用計上額は一定とはなりません。

    リース債務の処理方法については、TypeAでもTypeBでもリース開始日において、将来リース料総額の割引現在価値で測定することとされています。そして当初測定後については、実効金利法を使用して償却原価で測定することとされています。
    したがって、リース債務残高が大きい当初ほど費用計上される金額が大きくなるため、資産の償却費との合計額で考えると、費用合計額は毎期減少していくことになります。

    (2)不動産のリース

    不動産のリースはTypeBに分類されます。TypeBでは、資産計上額の償却費は、負債に関する割引の振戻しとの合計額が毎期定額となるように算定することとされています。

    したがって、リース債務残高が大きい当初ほど資産計上された金額の償却額は小さく算定されることになりますが、資産の償却額と負債の利息費用相当額の合計額は毎期一定額となります。

    IFRSや米国基準で上記の改正が実現した場合、日本基準もこれらに追随する可能性が高いように思いますが、IFRSの任意適用要件が緩和されるのであれば、海外投資家にアピールしたい会社はIFRSを任意適用することとして、日本基準は独自路線を行くという方法も考えれます。
    個人的には、こんな基準を作る意味が本当にあるのかという気すらしてしまいますが、非上場で会社法監査だけをうけているような会社は悲惨ですね。

    日々成長

    関連記事

    1. 監査報酬は引き続き増加傾向

    2. IAS10(後発事象)

    3. 満期保有目的債券の減損処理-東京電力の社債は瀬戸際?

    4. 機能通貨が自国通貨でない場合はどうなる?-IAS21号

    5. 会社更生法とはどんなもの?(その3)

    6. 振当処理を採用している場合の包括利益計算書




    カテゴリー

    最近の記事

    ブログ統計情報

    • 11,660,141 アクセス
    ページ上部へ戻る