閉じる
閉じる
閉じる
  1. のれん償却を再導入せず:IASB予備的見解
  2. 顧問契約解除で報酬を請求し税理士が勝訴した事例
  3. クラウドサービス初年度利用料が高く設定されている場合の税務上の取扱いは…
  4. 有給休暇5日はいつまでに取得しなければならない?
  5. 個人の青色申告特別控除が55万円に引き下げー65万円の控除を維持するに…
  6. 消費税増税施行日をまたぐ適用税率ー間違いやすい3つのポイントとは?
  7. 開示規制違反に関する課徴金納付命令は過去5年で最多
  8. 連結納税制度がグループ通算制度へーシンプルな制度に期待
  9. 「中小企業金融円滑化法」(モラトリアム法)が19年3月で実質終了ーその…
  10. 監査法人の継続監査期間開示、早期適用は83社
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

税務当局がマークする電子商取引とは?

T&A master No.504に”当局がマークする電子商取引が判明”という記事が掲載されていました。

同記事によると、税務当局がマークしているものとして以下のものが挙げられていました。

  • ネットオークション
  • ネットショップ
  • コンテンツ配信
  • 海外オークション
  • ライブチャット
  • 出会い系サイト
  • インフォプレナー(情報企業家)いよる情報商材販売
  • クレジット決済代行
  • クレジットカードショッピング枠現金化事業

  • ネットショップが入っている時点で、特定の分野というよりも電子商取引全般という気もしますが、インターネット取引に係る実地調査の結果発見された申告漏れ所得金額は、実地調査全体平均の約1.3倍(1,134万円)だったとのことで、税務当局が力を入れるのも理解できます。

    同記事によると、税務当局の分析によると出会い系サイトの仕組み・現状は以下のように分析されているとのことです。

    1. 出会えないのが出会い系サイトの成功の秘訣
    2. クレサラ弁護士が消費者金融の次に出会い系サイトに狙いを定めている
    3. 多くの番組運営者が和解金を支払っている
    4. スマートフォン出会いアプリに顧客をとられている

    また、インフォプレナー(情報企業家)による情報商材取引については、賞味期限が短く、アフィリエイト報酬が高額などの特徴があると分析されているそうです。

    上記は、だからどうした?という感じがしますが、今後電子商取引の運営者等への調査が強化されていくという可能性は高そうです。

    日々成長

    関連記事

    1. 100万円未満の美術品の償却資産申告-3月決算法人は平成28年度…

    2. クラウドで提供するソフトウェアの制作費は自社利用ソフトか販売目的…

    3. 平成24年税制大綱-法人税

    4. 海外出向者の給与負担を巡って寄附金課税が増えているそうです

    5. 自社株式を対価とした株式取得による事業再編の円滑化措置を確認

    6. DES方式と清算方式で課税関係は大きく異なる可能性があるので注意…

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    カテゴリー



    ブログ統計情報

    • 8,566,517 アクセス
    ページ上部へ戻る