閉じる
閉じる
閉じる
  1. 岸田氏は四半期決算撤廃派?
  2. 株式交付制度(その2)-疑問点の確認
  3. 採用内定後のバックグラウンド調査と内定の取消-ドリームエクスチェンジ事…
  4. 株式交付制度(その1)-制度概要など
  5. 株式対価M&A投資促進税制-令和3年度税制改正
  6. 役員報酬が総会決議枠を超えるミスが散見されたそうです。
  7. プライム市場への生き残りをかけた増配?-明和産業
  8. 東京地裁が示した監査法人脱退時の持分払戻額の算定方法とは?
  9. CPE不正受講、2法人93名処分で終了
  10. 2020年4月期~2021年3月期のGC注記、全体件数横ばいもコロナ関…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

金融円滑化法利用後倒産件数が2カ月連続で過去最高を更新-帝国データ調べ

帝国データバンクが2013年6月10日に公表した全国企業倒産集計2013年5月月報によると、金融円滑化法利用後倒産が60件と4月に続き過去最高を記録したそうです。

過去からの倒産発生件数の推移をまとめると以下のようになっています。
2013-06-14_1

この増加原因について、帝国データのレポートでは「金融機関は借手企業に対し返済猶予等の金融支援を継続しているとはい
え、5 月には返済猶予を受けていた企業が 4 月以降に借り換えを断られ資金繰りに行き詰まった例も確認されている。多くの地域金融機関では与信額等を基準とし重点支援先を決めて支援を実施しているなかで、重点支援先ではない企業への支援には温度差があるようだ。」と分析されています。

アベノミクスの株価上昇傾向も日銀の金融緩和前の水準までもどっており、本当の意味での景気回復にはほど遠い状況にあるということが浮き彫りになってきているということでしょうか。

金融円滑化法を利用していた潜在的倒産予備軍はかなり多数に及ぶと考えられますので、来月以降の状況に注意が必要なようです。

日々成長

関連記事

  1. ベネッセ経営陣-ITリテラシー不足で約145億円の損害は責任追及…

  2. 原発と夜間電力と電気自動車と。

  3. 米国版失われた10年

  4. ムーディーズも日本国債を格下げ(その1)

  5. 2012年上期のIPOは17社

  6. 金融円滑化法利用後倒産が大きく減少-帝国データバンク調べ

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,421,388 アクセス
ページ上部へ戻る