閉じる
閉じる
閉じる
  1. 書面交付請求の対象範囲が縮減される方向へ
  2. プライム市場上場会社の英文開示実施率が92.1%に上昇
  3. 有償ストックオプションの会計処理が再論点化?
  4. 会計監査人の異動は2年連続で200社超
  5. 女性活躍推進法に基づく男女別賃金格差開示が2022年7月以後終了事業年…
  6. 日本税理士連合会がインボイス制度の導入延期か運用緩和を求める
  7. 光通信株式会社と株式会社光通信
  8. 株式需給緩衝信託の会計処理
  9. 非財務情報開示強化に向けた動向
  10. 監査法人ハイビスカスに対する行政処分等を勧告
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

ANAマイラーは電子マネーnanacoの利用を要検討

最寄りのコンビニがセブンイレブンではなく、最寄りの大型スーパーがイトーヨーカドーではないので、今までセブン&アイ・ホールディングスの発行している電子マネーnanacoは利用したことがありませんでした。

ところが、今年の3月からANAマイレージとnanacoのポイントが交換できるようになっているという事実に遅ればせながら気づきました。

コンビニの利用代金もiDを使用するようにしてマイルを獲得するようにしていたり、少額であっても勇気をもってクレジットカード利用している場合、大きな影響はないのでは?と思うかもしれません。

しかしながら、大きな影響があるかもしれないのです。

何がそんなに大きく影響する可能性があるのかというと、それは税金等の支払です。もちろんどの税金を納めるかは個人の状況によって異なるわけですが、自動車税、固定資産税、住民税、国民年金保険料などの納付書をコンビニで現金払いしていませんか?

通常コンビニでは税金等の収納代行の支払をクレジットカードで行うことができませんが、セブンイレブンの場合は電子マネーであるnanacoでの支払は可能です。税金をnanacoで支払ったことによるnanacoポイントは獲得できませんが、クレジットカードからnanacoへのチャージについてはクレジットカード側でのポイントが獲得できます(注:nanacoを含む電子マネーへのチャージに対してポイントが付与されないカードも多いので、チャージするクレジットカードの選択には注意が必要です。)

つまり、間接的に税金等の支払いでマイルを獲得することができるということです。

注意点は以下のとおりです。
1.クレジットカード側でnanacoへのチャージがポイント付与対象かを確認する必要があります。
2.nanacoの発行には1枚当たり300円かかる
3.nanacoにチャージできる上限金額は5万円(1回あたりの上限は29,000円)
4.1枚のクレジットカードからは1枚のnanacoにしかチャージできない
5.ただし、nanacoモバイルは別枠で5万円使用できる。

つまり、5万円以上の支払を行う必要がある場合、10万円までであればnanacoモバイルを利用するか、nanaco2枚+クレジットカード2枚を準備する必要があります。
なお、nanacoモバイルについては、iphoneでは利用できませんので、iphoneユーザーはnanaco複数枚+クレジットカード複数枚という選択肢しか残されていません。

漢方スタイルクラブカード+ANA JCBカードというような組み合わせでクレジットカードを有している場合、支払額が5万円を超えることが多いのであれば初期費用300円には目をつぶり10万円まで利用するほうがお得だと思います(nanacoモバイルが利用できれば15万円まで対応可能)。

一方で、そこまでは・・・という方でも、従来コンビニで現金で支払っていたのであれば5万円まではクレジットカード⇒nanacoでマイルを貯めることができるので、検討の余地は十分あると思います。

参考にしたのはこちらのサイト
ANAマイラーはnanacoを利用すべし

日々成長

関連記事

  1. 浜岡原発停止の疑問点

  2. 閲覧数が多かったエントリTOP10-2011

  3. 2011年も折り返し地点

  4. 尖閣諸島問題

  5. ECO名刺

  6. 企業等に所属する会計士の倫理規則等が改正されるそうです




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,071,688 アクセス
ページ上部へ戻る