閉じる
閉じる
閉じる
  1. 書面交付請求の対象範囲が縮減される方向へ
  2. プライム市場上場会社の英文開示実施率が92.1%に上昇
  3. 有償ストックオプションの会計処理が再論点化?
  4. 会計監査人の異動は2年連続で200社超
  5. 女性活躍推進法に基づく男女別賃金格差開示が2022年7月以後終了事業年…
  6. 日本税理士連合会がインボイス制度の導入延期か運用緩和を求める
  7. 光通信株式会社と株式会社光通信
  8. 株式需給緩衝信託の会計処理
  9. 非財務情報開示強化に向けた動向
  10. 監査法人ハイビスカスに対する行政処分等を勧告
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

平成26年3月期第1四半期報告書に記載する取引所の名称は?

株式会社日本取引所グループの発足を受けて2013年7月16日付で大阪証券取引所の現物市場は東京証券取引所の現物市場に統合されました。

ここで問題となるのは、大阪証券取引所と東京証券取引所に重複上場していたようなケースにおいて、四半期報告書の提出会社の状況⇒株式等の状況⇒発行済株式⇒「上場金融商品取引所名又は登録認可金融商品取引業協会名」に記載する取引所の名称がどうなるのか?です。

結論からすれば、「当該箇所は提出日を基準として記載することとなるため、四半期報告書を7月16日以後に提出する場合は、東京証券取引所と大阪証券取引所に従来重複上場してたケースにおいては、東京証券取引所のみを記載するものと考えられる」(T&A master No.508 財務会計基準機構 開示グループ長 渡部 類)とされています。

また、「この市場市場統合に伴う上場金融商品取引所の変更は、両取引所の統合に基づく当然の変更であると考えられるため、第1四半期会計期間の末日と提出日において上場している取引所が異なる旨の注書きは不要と考えられる」(同上)とされています。

さらに、表紙の「縦覧に供する場所」や第二部「提出会社の保証会社等の情報」の「上記書類を縦覧に供している場所」も同様に提出日を基準に判断することになるとのことです。

日々成長

関連記事

  1. フリンジベネフィット開示に変化の兆しがあるらしい

  2. 東証本則市場の社外取締役2名以上選任は約6割も増加が見込まれます…

  3. エナリスが上場廃止の危機??

  4. 四半期報告書の提出期限の延長を申請していたメタップスが四半期報告…

  5. 平成26年3月期第1四半期の留意点(その2)

  6. 適時開示資料(PDF)のプロパティ情報に注意-わかっていてもうっ…




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,071,722 アクセス
ページ上部へ戻る