閉じる
閉じる
閉じる
  1. 感染対策徹底で10月以降税務調査が本格化?
  2. 「取締役の報酬等として株式を無償交付する取引に関する取扱い(案)」が公…
  3. 東証1部上場会社、指名委員会設置が5割超へ
  4. 在宅勤務手当等の支給増で所得拡大促進税制適用可となる可能性?
  5. ADワークス社-マンション販売仕入税額控除否認問題で勝訴
  6. 2020年年末調整に関係する改正事項
  7. あずさ監査法人でCPE取得に際し不正が判明したそうです
  8. 帳簿等の提示を拒み消費税約38億円の追徴事案が最高裁へ
  9. 収益認識会計基準-表示・注記事項の改正確認
  10. 企業が行う不正会計手口トップ10とは?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

平成26年3月期第1四半期報告書に記載する取引所の名称は?

株式会社日本取引所グループの発足を受けて2013年7月16日付で大阪証券取引所の現物市場は東京証券取引所の現物市場に統合されました。

ここで問題となるのは、大阪証券取引所と東京証券取引所に重複上場していたようなケースにおいて、四半期報告書の提出会社の状況⇒株式等の状況⇒発行済株式⇒「上場金融商品取引所名又は登録認可金融商品取引業協会名」に記載する取引所の名称がどうなるのか?です。

結論からすれば、「当該箇所は提出日を基準として記載することとなるため、四半期報告書を7月16日以後に提出する場合は、東京証券取引所と大阪証券取引所に従来重複上場してたケースにおいては、東京証券取引所のみを記載するものと考えられる」(T&A master No.508 財務会計基準機構 開示グループ長 渡部 類)とされています。

また、「この市場市場統合に伴う上場金融商品取引所の変更は、両取引所の統合に基づく当然の変更であると考えられるため、第1四半期会計期間の末日と提出日において上場している取引所が異なる旨の注書きは不要と考えられる」(同上)とされています。

さらに、表紙の「縦覧に供する場所」や第二部「提出会社の保証会社等の情報」の「上記書類を縦覧に供している場所」も同様に提出日を基準に判断することになるとのことです。

日々成長

関連記事

  1. 平成30年3月期の有価証券報告書作成に係る主な改正点(その1)

  2. 現物株式報酬導入企業は累計130社に

  3. 19年3月期決算短信、2Q予想開示取りやめが2.9ポイント増加

  4. 有価証券報告書作成の留意点(平成27年3月期)-その3

  5. 一般事業会社が貸手として貸出コミットメント契約を締結していた場合…

  6. マザーズから東証1部に市場変更直後に東証2部への指定替え猶予期間…

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,143,508 アクセス

ページ上部へ戻る