閉じる
閉じる
閉じる
  1. 東証-総会3週間前より前に招集通知等を電磁的方法により提供する努力義務…
  2. 株式評価損の過年度否認額を判断基準変更時に損金算入できる可能性
  3. 2021年6月開催よりバーチャルオンリー株主総会が可能に
  4. 2022年1月1日より傷病手当金の支給期間が通算化されるようになりそう…
  5. 通勤手当 一定の合理性をもって支給すれば按分計算しなくても非課税
  6. 東証一部上場企業の72.4%が英文開示を実施
  7. 改正会社法はクローバック条項導入社数を増加させるか?
  8. 実費精算の残業食事代は給与課税されるか否か
  9. コロナの影響で源泉徴収漏れが多発?
  10. 「取締役の報酬等として株式を無償交付する取引に関する取扱い」が公表され…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

所定内給与は12カ月連続で下落(毎月勤労統計調査(厚生労働省))

2013年7月2日に厚生労働省が発表した「毎月勤労統計調査 平成25年5月分結果速報」によると所定内給与
の総額が24万1,691円(前年同月比0.2%減)となり、対前年同月比で12カ月連続で減少という結果となりました。給与水準の低いパート労働者の割合が増えたため全体では減少となったとのことです。

genkinsikyuu
(出典:毎月勤労統計調査 平成25年5月分結果速報)

なお、実質賃金指数(現金給与総額)の前年同月比は、0.4%増となっています(消費者物価指数(持家の帰属家賃を除く総合)は、前年同月比0.3%下落)。

実質賃金指数は増加しているものの、こんな状況で、本当に消費税は上がるのだろうか・・・・

日々成長

関連記事

  1. 日本の政治の実態-「日本中枢の崩壊」を読んで

  2. クラウドといえども、このような事態は想定しておく必要がありそうで…

  3. 金融円滑化法利用後倒産が過去最高に-2013年4月(帝国データバ…

  4. 太陽電池の変換効率大幅アップ

  5. ライツ・オファリングリングとは?

  6. ストーリーとしての競争戦略

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,701,546 アクセス
ページ上部へ戻る