閉じる
閉じる
閉じる
  1. 記帳代行受任も当座勘定照合表の確認義務はなし-東京地裁
  2. 上場基準の情報漏洩で野村証券に改善命令が出されるそうです
  3. LIBOR公表停止になっても、ヘッジ会計は継続可能?
  4. 最近の会計監査人の異動の状況を確認
  5. スキャナ保存の入力期限等を緩和する方向で電子帳簿保存法が改正へ
  6. 平成31年度税制改正を確認(その3)-法人税
  7. 2019年3月期上場会社株主総会の集中日は6月27日
  8. 取締役の報酬・解任を巡るトラブル
  9. 平成31年度税制改正を確認(その2)-法人税
  10. 軽減税率対応のPOSレジでも誤った処理の可能性?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

どんなときもwifi

所定内給与は12カ月連続で下落(毎月勤労統計調査(厚生労働省))

2013年7月2日に厚生労働省が発表した「毎月勤労統計調査 平成25年5月分結果速報」によると所定内給与
の総額が24万1,691円(前年同月比0.2%減)となり、対前年同月比で12カ月連続で減少という結果となりました。給与水準の低いパート労働者の割合が増えたため全体では減少となったとのことです。

genkinsikyuu
(出典:毎月勤労統計調査 平成25年5月分結果速報)

なお、実質賃金指数(現金給与総額)の前年同月比は、0.4%増となっています(消費者物価指数(持家の帰属家賃を除く総合)は、前年同月比0.3%下落)。

実質賃金指数は増加しているものの、こんな状況で、本当に消費税は上がるのだろうか・・・・

日々成長

関連記事

  1. 中小企業金融円滑化法利用後の倒産件数は小休止も高水準

  2. 日米同時上場のLINEーIPO時に異なる監査法人の監査報告書がつ…

  3. 「為替の誤解」(上野康成 著)-No1エコノミストらしいので・・…

  4. 金融円滑化法利用後倒産が過去最高に-2013年4月(帝国データバ…

  5. 中小企業金融円滑化法は延長されるのか?

  6. 農林水産品の輸出1兆円目標って、何を増やすの?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 7,997,050 アクセス
ページ上部へ戻る