閉じる
閉じる
閉じる
  1. 労働基準法の管理監督者性はやはり厳しいと感じた判例ー日産自動車事件
  2. 国内外数社の代表を務める納税者を居住者であると判断した課税当局が全面敗…
  3. 敷金の額を上回るため簡便法から原則法へ変更した事例(資産除去債務)
  4. 「消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編)」等が改訂されました…
  5. 電子帳簿保存法・スキャナ保存の承認申請書が一部簡素化
  6. 非上場会社において訴訟で総会決議取消となった理由(2例)
  7. 退職給付債務ー割引率がマイナスは28社(2019年3月期)
  8. 必要な資料の提出を促せば注意義務を尽くしたことになる?
  9. 企業等所属会計士に対する倫理規則が改正されたそうです
  10. 株式報酬に係る開示規制の改正-2019年7月1日より施行済み
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

風疹の予防接種を就業規則で義務化できるか

最近の風疹の流行を受けて、ある会社で、それならば就業規則を改正して従業員に風疹の予防接種を義務化してはどうか?という話がでました。

会社の立場からすれば、集団感染を防止するという点で合理的な考えではありますが、就業規則で風疹の予防接種を義務化するというのは問題があるといえます。

これはインフルエンザの予防接種でも同様ですが、確率的にはわずかであっても副作用が生じる可能性があるので予防接種を強制して副作用が出た場合に会社側に責任が生じると考えられます。特に、女性従業員が妊娠に気付かずに風疹の予防接種を受けたような場合に大問題に発展する可能性を秘めています。

したがって、風疹の予防接種を就業規則で義務化するというのは避けたほうが無難だといえます。会社としてできるのは、風疹の抗体を有していない可能性が高いのは1979年4月2日から1987年10月1日までの間に生まれた人である旨、およびこれ以外の年代であっても男性は風疹の予防接種を受けていない人も多い旨を啓蒙し自発的な抗体検査および予防接種を促すということだと考えられます。

どうしても就業規則に定めたいということであれば、強制ではなく努力義務として定めるようにする必要があると考えられます。

なお、定期健康診断時に抗体検査を従業員に無断で行うようなことは認められませんので注意が必要です。

日々成長

関連記事

  1. 未払残業の和解解決金は課税対象か?

  2. 働きやすい会社ランキング2012(日経新聞社)-追記2(アンケー…

  3. 社外役員の報酬の平均はどれくらい?

  4. 改正派遣法の影響は大きい?小さい?

  5. 厚労省HPで労基法違反で送検された企業名が公表されました

  6. 短時間労働者に対する社会保険適用範囲の拡大-2016年10月1日…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,389,505 アクセス
ページ上部へ戻る