閉じる
閉じる
閉じる
  1. 記帳代行受任も当座勘定照合表の確認義務はなし-東京地裁
  2. 上場基準の情報漏洩で野村証券に改善命令が出されるそうです
  3. LIBOR公表停止になっても、ヘッジ会計は継続可能?
  4. 最近の会計監査人の異動の状況を確認
  5. スキャナ保存の入力期限等を緩和する方向で電子帳簿保存法が改正へ
  6. 平成31年度税制改正を確認(その3)-法人税
  7. 2019年3月期上場会社株主総会の集中日は6月27日
  8. 取締役の報酬・解任を巡るトラブル
  9. 平成31年度税制改正を確認(その2)-法人税
  10. 軽減税率対応のPOSレジでも誤った処理の可能性?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

どんなときもwifi

2014年4月1日以降分の保守売上にかかる消費税への対応動向

以前”保守売上を期間按分している場合の消費税はどうなるのか?”というエントリで、2014年4月1日以降の保守料金を前受しているような場合に消費税はどうなるのかについて考えましたが、今後販売される分についての対応方法がいくつか事例としてみえてくるようになりました。

売主側の対応方針としては、以下のいずれもあります。

  1. 消費税が上がった場合には追加で消費税分を請求する
  2. 保守期間が2014年4月1日以降であっても、3月までに販売した分については5%を適用する

前者の場合は、大型のシステム開発を請け負っているような事業者で見られ、見積段階で経過措置の対象とならない部分については消費税が8%になった場合には追加で消費税分を請求する旨が記載されています。

後者はパッケージソフトの保守サービスなど比較的安価な保守サービスを提供している事業者の対応としてみられます。この場合、3%分の影響を売主が被ることになりますが、事務処理の便宜等を勘案の上、販売日を基準とすることを選択したようです。

会社の方針でどちらもありえるわけですが、追加請求にかかるコストを勘案すると、1件あたりの金額が大きい事業主ほど消費税分を追加請求する方を選択することになりそうです。

まだ、全体的な対応の動向がみえてはいませんが、これから徐々に明らかになってくるものと考えられます。

なお、2014年4月1日より前に前受計上した金額については、以前として特段の経過措置は公表されていませんので、2014年4月1日以降に取崩される分については8%が適用されることになりそうです。

1件当たりの金額が小さい保守サービスの場合、そもそも販売業務のオペレーション上対応可能か、費用対効果を考えて割にあうのかという点を考慮して対応を決めることになると考えられます。

それにしても悩ましい問題です。

日々成長

関連記事

  1. 独立社外取締役の選任率が大きく上昇

  2. インサイダー取引規制の改正-2015年9月16日施行

  3. ベネッセから「重要なお知らせです」が届いた件

  4. マイナス金利をふまえた会計基準の改正予定は?

  5. 太陽光発電電力の売却と消費税

  6. 改正会社法の社外要件厳格化で社外資格を失う役員が相当数いるようで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 7,997,035 アクセス
ページ上部へ戻る