閉じる
閉じる
閉じる
  1. 岸田氏は四半期決算撤廃派?
  2. 株式交付制度(その2)-疑問点の確認
  3. 採用内定後のバックグラウンド調査と内定の取消-ドリームエクスチェンジ事…
  4. 株式交付制度(その1)-制度概要など
  5. 株式対価M&A投資促進税制-令和3年度税制改正
  6. 役員報酬が総会決議枠を超えるミスが散見されたそうです。
  7. プライム市場への生き残りをかけた増配?-明和産業
  8. 東京地裁が示した監査法人脱退時の持分払戻額の算定方法とは?
  9. CPE不正受講、2法人93名処分で終了
  10. 2020年4月期~2021年3月期のGC注記、全体件数横ばいもコロナ関…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

MOLESKINEの18か月スケジュール帳2014年版

2013年もまだ随分残っている感じはしますが、MOLESKINEの2014年版のスケジュール帳が販売が開始されていました。18か月分のスケジュール帳なので2013年7月~2014年12月までの18か月がカバーされています。

昨年の暮れに2013年版を購入したので、今のスケジュール帳を7カ月程度しか使用していませんので、どこで切り替えるべきかを悩みましたが、2014年も同じものを使用しようと決めていたので、早速切り替えることにしました。

私が使用しているのは”スケジュール+ノート 18ヶ月 2013-2014年 ソフトカバー / ラージ”で定価2,940円なので、安くはありませんが、見開きの左側が週間スケジュール、右側が横罫ノートになっていて、メモや思いついたことを書くのに十分なスペースが確保できるのが気に入っています。また、最初の方に、月間スケジュール(1ページに2か月分)も含まれているのも便利です。

ソフトカバー / ラージの大きさは、片面がB5位の大きさです。常に持ち運ぶには大きさが気になる方もいると思いますが、私の場合は携帯性よりも、記入スペースが十分に確保できるという利便性を優先しました。

スケジュール+ノート 18ヶ月にはより小さなポケットサイズやラージサイズよりも大きなXラージもあるので、用途に応じてこちらを選択するのもよいと思います。さらに、カバーもソフトカバーとハードカバーがありますので、この辺も個人の好みで選択すればよいと思います。

モレスキンのノートは、使ってみたいものの値段がネックで、ノートとして利用するのはちょとためらいますが、手帳であれば1年以上使用できるので試してみるのもよいのではないかと思います。

日々成長

関連記事

  1. Excelの使い方を改めて確認してみた(その4)

  2. ワコムのBambooスタイラス-iPad入力用

  3. タスクバーの配置を変更するだけの業務効率化

  4. Word文書をPDF化するなら「Microsoft Print …

  5. Excelの使い方を改めて確認してみた(その1)

  6. Wordの不思議(その4)-オートフォーマットの不思議

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,422,682 アクセス
ページ上部へ戻る