閉じる
閉じる
閉じる
  1. 少額短期保険は生命保険料控除の対象外はなぜ?
  2. 研究開発費(試験研究費)税制における人件費の専ら要件
  3. 雇用調整助成金を独立掲記する場合の表示区分は何が主流?
  4. 東証1部上場会社の議決権行使書面の行使期限を巡る判決
  5. 短期前払費用の特例における継続要件の留意点
  6. 決算期変更で1年超の会計期間となった場合の対応
  7. 3月決算会社(2021年)の総会前有報提出は27社
  8. 東証一部上場会社の約3割がESG、SDGs等を有報で開示
  9. 株式交付(その3)-手続概要
  10. 電子データと紙の両方で受領した請求書等の保存の取り扱いはどうなる?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

消費税が予定通り平成26年4月から8%になることに決まりました

本日、安倍首相が当初予定通り消費税を5%から8%に引き上げることを表明しました。

予想どおりといえば予想通りですが、消費税改正附則18条に「この法律の公布後、消費税率の引上げに当たっての経済状況の判断を行うとともに、経済財政状況の激変にも柔軟に対応する観点から、第2条及び第3条に規定する消費税率の引上げに係る改正規定のそれぞれの施行前に、経済状況の好転について、名目及び実質の経済成長率、物価動向等、種々の経済指標を確認し、前項の措置を踏まえつつ、経済状況等を総合的に勘案した上で、その施行の停止を含め所要の措置を講ずる。」なんてものが織り込まれていたため、わずかではありますが、施行日が延期されるのではないかという期待もありました。

しかしながら、「社会保障を安定させ、厳しい財政を再建するために財源の確保は待ったなし」(朝日新聞)ということで、消費税の増税が決定されました。社会保障が安定して、人々が安心して消費を増やしてくれれば景気にとってもプラスになることもあり得るので、それはともかくとして、実務的な観点からすると、8%の後に1年半で10%への税率引き上げが予定されているというのがいただけません。

システムの改修やら各種印刷物の変更やらで、税率変更が実務に及ぼす影響は少なくありません。もちろん、システムの開発会社や印刷業界なんかは税率変更が2回に分けて行われることで潤うことが予想されますが、大多数の実務作業者にとっては、単に無駄と思える作業に時間とコストがかかるだけではないかと思えてなりません。

たった1年半で税率が変更されることが予定されており、何だかんだいっても税率が予定通りにあがるのであれば、(消費者としての立場はおいておけば)最初から10%にしてくれたほうが、はるかにありがたいと思います。

加えて、復興特別法人税も1年前倒しで廃止を検討するとのことですが、復興財源を確保できるのであれば、復興特別所得税を先に廃止してしてもらいたいです。もちろん国民全員で復興を支援するという点でいえば所得税は残すということも理解できますが、10.21%とか20.42%とかいう中途半端な税率で源泉徴収額を計算しなければならない気持ち悪さといったらありません。

法人税は基本的に年1回の計算にすぎませんし、マニアックな論点としては廃止が決まる時期によっては繰延税金資産の計上額を見直さなければならないなんていう面倒な作業も発生します。

実務上、どんな景況を及ぼすかなんてことは考慮されないのはやむを得ないとしても、国民の大半が10年後とか20年後に日本が目指している方向を共有できるようなビジョンを示してほしいと思います。

日々成長

関連記事

  1. 10月1日からGoogle Adwordsも消費税の課税対象へ

  2. 著作権は電気通信利用役務を構成しないそうです

  3. 国内代理店経由で電気利用通信役務を外国法人に提供した場合の消費税…

  4. 消費税(その7)-個別対応方式勘定別留意点1

  5. 資産の貸付けに関する消費税の経過措置(その2)

  6. 自動販売機の設置手数料と消費税

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,498,592 アクセス
ページ上部へ戻る