閉じる
閉じる
閉じる
  1. 非財務情報開示強化に向けた動向
  2. 監査法人ハイビスカスに対する行政処分等を勧告
  3. 借入暗号資産の時価評価による評価損計上は可能?
  4. 賃上げ税制、宣言未達成でも適用の適否に影響なし
  5. 四半期報告書が廃止されても中間監査の復活はないようです
  6. 受取配当等益金不算入制度で多い誤りとは?
  7. メール送信する請求書ドラフトは電帳法対象外を応用すると…
  8. 四半期開示は結局どうなる?
  9. 取締役会議事録に記載しなければならない事項
  10. 意見不表明は極めて例外的な状況のみに許容される
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

総会決議がない役員報酬の支払は違法か?

以前”役員報酬は事後的に総会決議しても適法?”というエントリで役員報酬決議を事後的に行っても役員報酬の支払は適法であるとした判例を紹介しました。

さらに踏み込んだ内容がT&A masterのNo.519の”株主総会決議がない役員報酬の支払は適法か?”という記事に掲載されていました。

普通に考えれば、当然違法のはずです。そうでなければ、会社法で役員報酬を定款又は総会決議で定めなければならないと定めている意味が全くなくなってしまします。

ところが、上記の記事で掲載されていた判例(東京地裁平成25年8月5日判決)では、事後的にすら総会決議がない役員報酬の支払が適法とされています。この事案では、同族株主間のトラブルから訴訟に発展したとのことです。そして、この判決を下すにあたり裁判所は以下のような判断の枠組みを示しました。

会社法361条1項が、取締役の報酬等の額については、定款に定めのないときは、株主総会決議によって定めるとし、取締役の報酬の額の決定を株主総会決議にかからしめている趣旨は、取締役の報酬の額について、取締役ないし取締役会によるいわゆるお手盛りの弊害を防止するために、これを定款又は株主総会の決議で定めることとし、株主の自主的な判断にゆだねているからであると解される(最高裁平成11年(受)第948号・同15年2月21日第二小法廷判決・判例タイムズ1172号96頁参照)。
そうすると、株主総会決議を経ないで取締役の報酬が支払われた場合であっても、株主総会決議を経た場合と同視できる事実が存在する場合、すなわち、株主総会決議に代わる全株主の同意があった場合には、上記趣旨を全うすることができるのであるから、当該決議の内容等に照らして上記規定の趣旨目的を没却するような特段の事情が認められない限り、当該役員報酬の支払は適法有効なものになるべきである。

そして、訴訟を提起した原告会社の株主(現在の代表取締役)が、本件役員報酬が支払われた当時、①株主総会の不開催に異議も述べない経営に関心のない株主とはいえないこと、②株主総会を開催することなく一定の役員報酬が支払われていたことを認識すす一方で意義を申し出なかったことなどを指摘し、実質的に役員報酬の支払いについて同意がなされていたと認定し、本件役員報酬を適法としました。

この判例からすると、敢えて事後的に株主総会決議をとらなくても適法と判断されるケースも多々あると判断されますので、非常に参考になる判例ではないでしょうか。

日々成長
 

関連記事

  1. 2017年6月開催の株主総会の状況確認

  2. 3月決算会社の会社法監査報告書分布状況-JICPA公表

  3. 監査役へのストックオプション付与の可否

  4. 改正会社法を確認(その2)-株主総会に関する規律の見直し1

  5. 役員退職慰労金が内規の額を下回った場合、差額を請求することはでき…

  6. 招集通知の日付記載は任意記載?




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,989,351 アクセス
ページ上部へ戻る