閉じる
閉じる
閉じる
  1. リース基準・・・参考人より日本の不動産賃貸借の特殊性に考慮が望まれると…
  2. 管理監督者に深夜割増手当を支給していないが8.9%
  3. DESを巡る税賠訴訟、高裁でも税理士法人に3億円の賠償命令
  4. 複数の業界団体から四半期開示にかかる意見書等が提出されているそうです
  5. 時価の算定に関する会計基準(その3)
  6. のれんの償却期間は基本的に10年が上限になる?
  7. 収益認識会計基準の早期適用新たに8社が開示
  8. フリンジベネフィット開示に変化の兆しがあるらしい
  9. 時価の算定に関する会計基準(その2)
  10. 全額損金算入タイプから払済保険への変更も洗替処理が必要
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

不動産仲介契約に係る消費税と経過措置

国土交通省から「不動産仲介契約に係る消費税率に関する経過措置の適用の有無等について」というものが公表されていました。

個人的に多少かかわりのある業界なので、内容を簡単にまとめておきます。

不動産仲介契約に係る経過措置の有無

「その他の請負契約に類する契約」に該当し、指定日前に締結した契約は経過措置の対象となります。

指定日後の契約で仲介料の収受が施行日の後になる場合

契約時に仲介料の50%を領収し、残りの50%は所有権移転登記時に受領するという契約の場合において、所有権移転登記日が施行日後になった場合に適用される消費税率については経理処理によってことなります。

(1)仲介料受領時に売上を計上している場合
この場合は施行日前に領収し売上計上した分は5%、施行日後に領収し売上計上した残りの50%分は8%が適用されます。

(2)契約時に収受すべき仲介料の全額を継続して売上計上している場合
この場合は、所有権移転登記後の請求する分についても5%で請求しているときは、5%が適用されます。

不動産仲介契約の更新と経過措置の有無

当初の契約期間に売買が成立しなかった場合には一定期間契約を延長できることになっている場合、更新日が指定日前である場合を除き、消費税の経過措置の適用はありません。

仲介料率のみが定められている場合の経過措置の有無

仲介料が不動産売買契約額のXX%と定められているような場合、仲介契約が指定日前に締結されていたとしても経過措置の適用はありません。これは、「具体的な仲介料の額が確定するのが指定日以後である時は、その全額が対価の増加分となることから、経過措置の対象となる金額はないこと」になるためです。
ただし、仲介に係る契約書において、依頼者の希望売買金額が記載されているような場合には、その希望売買金額に料率を乗じて計算される金額の範囲内の仲介料については、経過措置の適用対象となるとされています。

日々成長

関連記事

  1. 平成26年3月31日出荷(売上)・4月1日検収(仕入)に適用され…

  2. 消費税(その10)-個別対応方式勘定別留意点4

  3. 価格改定用シールの提供要請も消費税転嫁対策法の指導対象に

  4. 消費税10%引き上げ時の経過措置の取り扱い通達が改正

  5. 法人がオーナーから収受した立退料は消費税の課税対象?

  6. 令和2年税制改正ー消費税申告期限延長に期待

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,697,880 アクセス
ページ上部へ戻る