閉じる
閉じる
閉じる
  1. 電子データと紙の両方で受領した請求書等の保存の取り扱いはどうなる?
  2. IFRS任意適用会社数の伸びが鈍化
  3. 岸田氏は四半期決算撤廃派?
  4. 株式交付制度(その2)-疑問点の確認
  5. 採用内定後のバックグラウンド調査と内定の取消-ドリームエクスチェンジ事…
  6. 株式交付制度(その1)-制度概要など
  7. 株式対価M&A投資促進税制-令和3年度税制改正
  8. 役員報酬が総会決議枠を超えるミスが散見されたそうです。
  9. プライム市場への生き残りをかけた増配?-明和産業
  10. 東京地裁が示した監査法人脱退時の持分払戻額の算定方法とは?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

2014年賃上げ見込み-定昇込みで2.1%もそれじゃ手取りはマイナスか・・・

2014年1月23日に一般財団法人 労務行政研究所が公表した「2014年賃上げの見通し―労使および専門家540人アンケート」によると、2014年の賃上げ見通しは、全回答者540人の平均で「6413円・2.07%」(定期昇給分を含む)となったと報告されています。

今回の調査は以下の対象者のうち回答のあった540人(労働側222人、経営側161人、労働経済分野の専門家157人)の平均値となっています。
〇労働側 東証第1部および2部上場企業の労働組合委員長等1919人(労働組合がない企業は除く)
〇経営側 東証第1部および2部上場企業の人事・労務担当部長2025人
〇労働経済分野の専門家 主要報道機関の論説委員・解説委員、大学教授、労働経済関係の専門家、コンサルタントなど1735人

なお、労使別にみると労働者側の見通しの平均は2.15%であったのに対して、経営者側の平均は1.96%となっており労働者の期待の方が大きいというのが現実のようです。

調査対象からすると大企業での話ということになってしまうのかもしれませんが、2%であれば労働者側としても悪くはない水準ではないかと思います。

しかしながら一方で、昨年12月24日に大和総研が公表した「消費税増税等の家計への影響試算(平成26 年度税制改正大綱反映版)」によると、各世帯構成における実質可処分所得の減少額は以下のようになっています。


2014-01-30_1
(資料:大和総研「消費税増税等の家計への影響試算(平成26 年度税制改正大綱反映版)」 図表7より作成)

2013年から2014年での実質可処分所得の減少額でみると、最も影響の小さい片働き4人世帯の年収300万円世帯であっても減少額は約3万円なので、昇給しても生活は楽にならずといったところではないでしょうか。
改めてみると驚きなのは2011年から2016年のスパンでみると、実質可処分所得の減少額が著しく大きい点です。サラリーマンにとって年収1,000万円というのは、それくらい稼げたらといいなと思う水準だと思いますが、5年間での可処分所得が約58万円減少したら、年収1,000万円あっても楽ではないはずです。

改めてみるとスゴイ増税ですね。消費税増税後も景気に与える影響は小さいという楽観ムードがあるようですが、上記からすれば少し昇給したくらいでは生活は楽にならず、むしろ消費に陰りがでてきてもおかしくないのではないでしょうか。

日々成長

関連記事

  1. 「特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン(事業者編)」に…

  2. 若者チャレンジ奨励金が各都道府県で続々と終了しています

  3. 賃金等請求権の消滅時効(労働基準法の改正)を確認

  4. 定額残業代(その2)

  5. 従業員持株会(その3)-退会時の買取価格は?

  6. 2019年4月1日施行の働き方改革法を確認(その2)

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,432,473 アクセス
ページ上部へ戻る