閉じる
閉じる
閉じる
  1. 雇用調整助成金を独立掲記する場合の表示区分は何が主流?
  2. 東証1部上場会社の議決権行使書面の行使期限を巡る判決
  3. 短期前払費用の特例における継続要件の留意点
  4. 決算期変更で1年超の会計期間となった場合の対応
  5. 3月決算会社(2021年)の総会前有報提出は27社
  6. 東証一部上場会社の約3割がESG、SDGs等を有報で開示
  7. 株式交付(その3)-手続概要
  8. 電子データと紙の両方で受領した請求書等の保存の取り扱いはどうなる?
  9. IFRS任意適用会社数の伸びが鈍化
  10. 岸田氏は四半期決算撤廃派?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

2013年新規上場は58社-監査法人は27社がトーマツ

経営財務3150号(2014年2月10日)に”25年の新規上場は58社で4年連続増加”という記事が掲載されていました。

IPOの社数などを確認できていなかったのですが、2013年は当初IPOが60社を超えるとも言われていたので思っていたよりも少ない社数に少々意外な感じがしました。

上記記事では、新規上場会社の業種別の集計がなされており、以下のようになっていました。

  • サービス(17社)
  • 情報・通信(11社)
  • 小売(7社)
  • 建設(4社)
  • 不動産(3社)
  • 医薬品(3社)
  • 卸売(3社)
  • 食料品(2社)
  • その他(7社)
  • 業種別には全体の約29%をサービス業が占めています。なお、2012年のサービス業の新規上場は13社でしたので、サービス業の社数は2013年の方が4社増加しています。しかしながら、全体社数に占める割合で考えると2012年は約28%(46社中13社)で特に変動はしていません。したがって、傾向としてはサービス業のIPOが多いということになります。

    一方で地域別に社数を集計すると以下のようになっているとのことです。

  • 東京(32社)
  • 大阪(6社)
  • 神奈川(3社)
  • 愛知(3社)
  • その他(14社)
  • そして、社数上位のサービス業および情報・通信業では、本拠地を東京とする会社が多い(サービス業13社、情報通信3社)という傾向にあるとのことです。

    最後に、監査法人でみるとトーマツが27社でトップであったとのことです。

    2014年は70社を超えるとも言われていますが、株式市況次第といったところでしょうか。

    日々成長

    関連記事

    1. 2011年の新規上場の状況-予定では36社

    2. 新規上場後3年間は内部統制監査免除する法案が衆議院を通過

    3. 2013年上期IPOは20社

    4. 2014年上期のIPO社数は26社

    5. 2016年IPOは86社で7年ぶりの減少

    6. 2019年IPO会社の監査報酬動向など

    カテゴリー

    最近の記事

    ブログ統計情報

    • 11,485,827 アクセス
    ページ上部へ戻る