閉じる
閉じる
閉じる
  1. 平成31年度税制改正を確認(その1)-法人税
  2. 子会社と認識していると言われたから親会社?
  3. 受取配当金の益金不算入額過大計上に要注意?
  4. 米国の会計監査人在任期間100年超が3社
  5. 改正民法(その3)・・・危険負担
  6. 2018年12月期決算会社-改正税効果基準早期適用は15社
  7. 2019年3月期の決算発表日はどうなっている?
  8. 節税保険対応の通達改正案が公表
  9. 会計監査人の継続監査年数を最大10年と定めた会社の事例
  10. 2015年にマザーズに上場した会社の株主総利回りを試しに10社計算して…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

上場後3年間内部統制監査が免除されるメリットは?

もう間もなく政府から「金融商品取引法等の一部を改正する法律案」が国会に提出される予定です。この法案では金融審議会の「新規・成長企業へのリスクマネーの供給のあり方等に関するワーキング・グループ」が取りまとめた報告書の内容が織り込まれるそうです。

その一つが上場後3年間は内部統制報告の監査を免除するというものです。この点については、日経新聞が2013年10月15日の「内部統制報告書を3年猶予 金融庁、ベンチャー上場促進狙う 」という記事で「社内体制を明記する「内部統制報告書」も新規上場後3年間は出さなくてもいいようにする。」と報じたことなどから、上場前の準備という点ではかなり楽になるのかもしれないという雰囲気がありました。

しかしながら、上場後3年間免除されるのは、公認会計士による内部統制監査のみであって、内部統制報告書の提出義務自体がなくなるわけではありません。

そうだとすると、内部統制報告書を提出できるように準備をしなければならないので、新規上場への事務負担を軽減する効果がほとんどないといえそうです。一方で、上場後監査報酬の増加を抑えるという効果はあると思います。

監査人側からすれば、内部統制報告書監査があろうがなかろうが、会社がいわゆる3点セットを整備してキーコントロールと認識しているようなものは財務諸表監査上も内部統制の評価の一環としてテスト対象とされる可能性が高いので、結果的にはそれほど大きく監査時間は変わらないのではないかと考えられます。

新規上場する会社の規模にもよると思いますが、一般的に上場前は監査報酬を低めに設定してもらえるケースが多いように思います。そのため、上場後は監査報酬を通常のレベルにしてもよいところですが、そうはいってもやることが大きくが変わらないのに監査報酬の増額交渉はやりにくいという部分はあると思います。

そのため、内部制報告書の監査が加わるというのは、監査人からすると報酬増額の交渉をするための絶好の材料となりますが、それが3年間先延ばしされるということになります。そうだとすると割を食うのは監査法人ということになるのですが、そうだとすれば最初から監査報酬を高くしておけという発想も当然あると考えられますので、結果的に上場を目指す会社の経済的な負担も果たして軽減されるのだろうかという気がしてなりません。

日々成長

関連記事

  1. 上場ベンチャー企業の粉飾・不公正ファイナンス

  2. 過年度決算の訂正と内部統制報告書の訂正-決算訂正2度の三櫻工業(…

  3. 収入印紙を金券ショップで換金するという不正手段

  4. オリンパス社の「のれん」の内訳が開示されました-金融機関向け説明…

  5. 改訂内部統制基準の公表

  6. 大王製紙も忘れてはなりません(その1)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 7,837,597 アクセス
ページ上部へ戻る