閉じる
閉じる
閉じる
  1. 受取配当等益金不算入制度で多い誤りとは?
  2. メール送信する請求書ドラフトは電帳法対象外を応用すると…
  3. 四半期開示は結局どうなる?
  4. 取締役会議事録に記載しなければならない事項
  5. 意見不表明は極めて例外的な状況のみに許容される
  6. 副業の損失、雑損失として給与所得等との通算が否認されることも
  7. 任意の会計監査人
  8. “新”逓増定期保険、一時所得として課税対象になる可能性
  9. 確定申告期限の一律延長は実施せずとも、簡易な方法で延長可
  10. 公認会計士・監査審査会、仁智監査法人に2度目の行政処分勧告
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

子会社の重要性が乏しいため連結財務諸表を作成していない場合の事業報告の記載方法は?

今回は事業報告の「重要な親会社及び子会社の状況」についてです。

子会社は存在するももの重要性が乏しいため連結財務諸表を作成していないようなケースにおいて、事業報告上はどう取り扱うべきかです。

事業報告のタイトルが「重要な」子会社の状況ですから、重要性がないため連結財務諸表を作成していないのであれば、ここで記載するのは変だと思いますので、事例を調べてみることにしました。

1.ソフトウェアサービス(2013年10月期)

同社では、以下のように子会社が1社あるものの、重要性が乏しいため連結財務諸表は作成していません。

3.連結財務諸表について
当社では、子会社(1社)の資産、売上高、損益、利益剰余金及びキャッシュ・フローその他の項目から見て、当企業集団の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に関する合理的な判断を誤らせない程度に重要性が乏しいため、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則(昭和51年大蔵省令第28号)」第5条第2項により、連結財務諸表は作成しておりません。
なお、資産基準、売上高基準、利益基準及び利益剰余金基準による割合は次のとおりであります。
資 産 基 準…0.6%
売 上 高 基 準…2.3%
利 益 基 準…1.7%
利益剰余金基準…0.2%

同社の事業報告の記載を確認すると、以下のようになっていました。
2014-03-12_1(ソフトウェアサービス)

「記載すべき事項はありません。」というのはよい表現だと思います。重要な子会社はないという意味で「該当事項はありません。」という記載も考えられますが、子会社がないというとらえ方をされる可能性もあるので、「記載すべき事項はありません。」の方が無難な表現だと思います。

2.情報企画(2013年9月期)

同社も子会社は存在するものの連結財務諸表は作成していません。各基準の数値は示されていないものの、基本的には1.ソフトウェアサービスと同様の記載なので記載例は省略します。

同社の事業報告を確認してみると、以下の記載されていました。
2014-03-12_4
前述のとおり「重要な」子会社はないという意味で「該当事項はありません。」という記載もおかしくはありませんが、個人的には「記載すべき事項はありません。」のほうが親切な気がします。

3.大日本コンサルタント(2013年6月期)

この会社の場合も、以下のとおり子会社はあるものの重要性が乏しいとして連結財務諸表を作成していません。本題からは逸れますが、一時的に利益基準で20%超の影響があるようになったような場合であっても、過去の状況を勘案して連結除外している事例でもあるので実際の開示例を示しておくことにします。
2014-03-12_2(大日本コンサルタント)

同社の事業報告を確認すると、以下のとおりそもそも「重要な親会社及び子会社の状況」項目自体が存在しませんでした。
2014-03-12_3
項目自体を削除するというのは、どちらかといえばマイナーな記載方法だと思います。

4.その他
上記の他、子会社があるものの連結財務諸表を作成していない場合の「重要な親会社及び子会社の状況」の事例のみいくつかピックアップしておきます。

①コロプラ(2013年9月期)
当社は、子会社を2社を有しておりますが、重要性が乏しいため記載を省略しております。

②オルトプラス(2013年9月期)
子会社の重要性が乏しいため、記載を省略しております。

③太洋物産(2013年9月期)
該当事項はありません。

日々成長

関連記事

  1. 会社法計算書類の経団連ひな形の改正

  2. 未作成だと会社法による計算書類等の謄本請求も効果なし?

  3. 配当金は持参債務-株主が海外に居住している場合はどうする?

  4. 改正会社法(その4)-監査等委員会設置会社詳細(その3)

  5. 会社法制(企業統治等関係)の見直しに関する要綱案が決定(その2)…

  6. 公認会計士協会への会費は商事時効では消滅しない




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,894,826 アクセス
ページ上部へ戻る