閉じる
閉じる
閉じる
  1. 労働基準法の管理監督者性はやはり厳しいと感じた判例ー日産自動車事件
  2. 国内外数社の代表を務める納税者を居住者であると判断した課税当局が全面敗…
  3. 敷金の額を上回るため簡便法から原則法へ変更した事例(資産除去債務)
  4. 「消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編)」等が改訂されました…
  5. 電子帳簿保存法・スキャナ保存の承認申請書が一部簡素化
  6. 非上場会社において訴訟で総会決議取消となった理由(2例)
  7. 退職給付債務ー割引率がマイナスは28社(2019年3月期)
  8. 必要な資料の提出を促せば注意義務を尽くしたことになる?
  9. 企業等所属会計士に対する倫理規則が改正されたそうです
  10. 株式報酬に係る開示規制の改正-2019年7月1日より施行済み
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

システム上消費税の差額請求に応じられないと言われても・・・

長期保守案件についての消費税の追加請求問題については、請求にあたり作成しなければならない請求先所定のフォームが結構細かくて作成が大変だったりすることはあるものの、大手は概ね紳士的に対応してくれているように思います。

とはいえ、追加請求を使用とすると、いまだ名の通った大手から追加請求には応じられないという旨の回答をもらうことがあるのも事実です。

さすがに大手だけあって、不用意に「請求には応じられない」と記載されてはおらず、「下記の理由によりお支払することが困難」としていくつか理由が記載されています

そして最後に、何卒事情をご理解の上、ご了承賜りますようお願い申し上げますというような記載で締めくくられています。

こちらからすれば、当社が直接販売していない顧客に対して消費税を追加で請求するのは常識的に行いずらいので何卒ご理解賜りますようお願い申し上げますという感じなのですが・・・。

先方が消費税を追加で支払うことが困難としている主な理由は、物販として処理しているのでシステムの機能上対応困難というものです。「お支払するためには多くの手続きを要してしまい非常に困難」とも述べられています。
ここでも「非常に困難」と述べられていますが、「支払えない」とは書いてありません。

この書面を受け取ってもチャレンジしてきた会社には支払うしかないと考えているものと推測されますが、この会社の親会社(F社)が「消費税増税への準備は出来ていますか? 」なんてセミナーを開催していたのですから何とも皮肉なものです。

物販として取り扱っているといっても、法人を相手にしているのですから役務商品を取り扱っていれば、消費税の追加請求があるかもしれないということは予測できたのではないでしょうか。

大規模なシステムになればなるほど、このためだけにシステムを変更するのはコストがかかりすぎると予想されますが、そうであるならばシステム外でもなんとか対応する姿勢を見せてほしいものです。

日々成長

関連記事

  1. 4月1日午前0時をまたぐ場合の消費税の取扱い(その1)

  2. 消費税引き上げに伴う経過措置-工事の請負等(その3)

  3. 消費税(その7)-個別対応方式勘定別留意点1

  4. 消費税(その6)-個別対応方式の用途区分4

  5. 国際線航空券の購入費用と消費税

  6. 消費税(その11)-課税売上割合の算出1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,390,446 アクセス
ページ上部へ戻る