閉じる
閉じる
閉じる
  1. 2021年3月期における法人税の誤りやすいポイントとは?
  2. 定年再雇用時の有給休暇付与日数はリセットされる?
  3. 役員賞与の支給順序変更も事前確定給与として損金算入可能
  4. カタログの「総額表示」対応
  5. 会計監査人の異動の適時開示-評価基準等の内容を示す事例がでてきているそ…
  6. 所得拡大促進税制の適用判定における雇用調整助成金の益金算入時期に要注意…
  7. D&O保険、「会社補償支払特約」の付保状況を要確認
  8. 経団連の会社法各種書類のひな形が改訂されました
  9. バーチャルオンリー型株主総会の特例等が国会へ
  10. 減資による中小税制適用の否認リスクは?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

システム上消費税の差額請求に応じられないと言われても・・・

長期保守案件についての消費税の追加請求問題については、請求にあたり作成しなければならない請求先所定のフォームが結構細かくて作成が大変だったりすることはあるものの、大手は概ね紳士的に対応してくれているように思います。

とはいえ、追加請求を使用とすると、いまだ名の通った大手から追加請求には応じられないという旨の回答をもらうことがあるのも事実です。

さすがに大手だけあって、不用意に「請求には応じられない」と記載されてはおらず、「下記の理由によりお支払することが困難」としていくつか理由が記載されています

そして最後に、何卒事情をご理解の上、ご了承賜りますようお願い申し上げますというような記載で締めくくられています。

こちらからすれば、当社が直接販売していない顧客に対して消費税を追加で請求するのは常識的に行いずらいので何卒ご理解賜りますようお願い申し上げますという感じなのですが・・・。

先方が消費税を追加で支払うことが困難としている主な理由は、物販として処理しているのでシステムの機能上対応困難というものです。「お支払するためには多くの手続きを要してしまい非常に困難」とも述べられています。
ここでも「非常に困難」と述べられていますが、「支払えない」とは書いてありません。

この書面を受け取ってもチャレンジしてきた会社には支払うしかないと考えているものと推測されますが、この会社の親会社(F社)が「消費税増税への準備は出来ていますか? 」なんてセミナーを開催していたのですから何とも皮肉なものです。

物販として取り扱っているといっても、法人を相手にしているのですから役務商品を取り扱っていれば、消費税の追加請求があるかもしれないということは予測できたのではないでしょうか。

大規模なシステムになればなるほど、このためだけにシステムを変更するのはコストがかかりすぎると予想されますが、そうであるならばシステム外でもなんとか対応する姿勢を見せてほしいものです。

日々成長

関連記事

  1. 10月1日からGoogle Adwordsも消費税の課税対象へ

  2. 仮想通貨の消費税の取扱い-平成29年度税制改正

  3. 消費税が予定通り平成26年4月から8%になることに決まりました

  4. カタログギフトと適用消費税率

  5. 3月中に支給される4月以降の通勤定期代に適用される消費税率は?

  6. ADワークス社-マンション販売仕入税額控除否認問題で勝訴

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,864,374 アクセス
ページ上部へ戻る