閉じる
閉じる
閉じる
  1. 令和元年会計士試験の合格率は10.7%-女性合格者の割合は増加傾向?
  2. 消費税、社宅用建物等の取得費の区分誤りに要注意
  3. 米国のFS作成者の75%はのれんの償却に賛成しているらしい
  4. 非喫煙者に限定した求人・採用の可否
  5. キャッシュレス決済ポイント還元と仕入税額控除
  6. トーマスクック社の破綻とKAM
  7. 改正項目の「事業等のリスク」、2019年3月期の早期適用は26社
  8. 証券取引等監視委員会が令和元年の「開示検査事例集」を公表
  9. 清流監査法人に業務改善命令
  10. 収益認識会計基準の注記事項等が明らかに
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

国家公務員の給与が8%増だそうですが・・・

Yahooのニュース欄に「消費増税の陰で国家公務員の給与が4月から8%増で2年前の水準へ」という記事が掲載されていました。

そういえば、東日本大震災の復興財源確保のために国家公務員の給与を切り下げる特例措置が3月末で終わるのでした。したがって、当然、国家公務員の給与は昨年と比べるとアップするのですが、このタイトルからすると実質相当アップするということなのかと思ってこの記事に目を通してみると、

国家公務員(約56万人)の給与が4月から平均で約8%アップで、2年前の水準に戻る

だけだそうです。確かに過去のニュースを調べてみると、特例措置として引き下げられた国家公務員の給与は平均で7.8%だったとのことですので、単に特例措置が終了するのみということのようです。

引下げ額については、あまり記憶になかったのですが、”給与8%増”といわれると、一般的にはそんなに上がるの?と感じるのではないかと思います。そうであるならば、8%も給与が引き下げられていたということなので、公務員と云えども消費税の増税の影響は同じなので、元の水準に戻るだけであれば「消費増税の陰で」まで言わなくてもいいのかなという感じはします。

もっとも、民間企業では8%位給料がさがってる(それどころか仕事もなくなった)よという労働者も数多いと思いますので、国家公務員の給与をあげるのはけしからんという人もいるとは思います。

しかしながら、人材確保の点や賄賂などで不正が行われることを防止するためにも国家公務員の給料はある程度高くしておかなければならないという側面があることも事実です。
一方で、国家公務員というと、少し前に話題になった天下り(渡り)などのイメージが強かったり、民間に比べ生産性が低いといわれると安定しているからそんなものかなと感じてしまうことから、無駄が多いのに給料が高いのはけしからんというような発想になってしまいがちです。

国家公務員の各人の給料がどうこうというよりは、無駄を省いて人を減らすという方向で検討するというほうが個人的にはよい気がきます。その他、どこかの知事とか市長のように無駄な選挙で税金を使うというのは勘弁してもらいですね。

ただ、小さな政府を主張していた渡辺氏も大きな借入で終わってしまいましたのであまり期待できないか・・・

日々成長

関連記事

  1. SSBT OD05 OMNIBUS ACCOUNT-TREATY…

  2. ANAのマイレージeクーポンがSKYコインと呼ばれるようになって…

  3. 海外ホテルの予約サイト-エクスペディア vs Hotel.com…

  4. 上場直後の食中毒発生は運が悪い?-鳥貴族

  5. たばこの値上げによる税収への影響の議論はありますが・・・

  6. 中小企業金融円滑法の適用期限が再延長されました-「最後の」延長だ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,895,743 アクセス
ページ上部へ戻る