閉じる
閉じる
閉じる
  1. 市場再編前にとりあえず市場変更する会社は多いのか?
  2. 消費税総額表示義務の確認(2021年4月1日以降)
  3. 学生支援機構による「奨学金返還支援(代理返還)」は直接返済で給与課税さ…
  4. 東証-総会3週間前より前に招集通知等を電磁的方法により提供する努力義務…
  5. 株式評価損の過年度否認額を判断基準変更時に損金算入できる可能性
  6. 2021年6月開催よりバーチャルオンリー株主総会が可能に
  7. 2022年1月1日より傷病手当金の支給期間が通算化されるようになりそう…
  8. 通勤手当 一定の合理性をもって支給すれば按分計算しなくても非課税
  9. 東証一部上場企業の72.4%が英文開示を実施
  10. 改正会社法はクローバック条項導入社数を増加させるか?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

IFRS適用会社が42社に拡大

経営財務3162号に”IFRS適用企業42社に CTC,エプソン,富士通,ケーヒン”という記事が掲載されていました。

2月に確認したときは31社でしたので、11社増となっています。
それ以降IFRSの適用を公表した会社は以下の通りです。

  • そーせいグループ
  • 伊藤忠エネクス
  • 日東電工
  • GCAサヴィアン
  • エーザイ
  • コニカミノルタ
  • エムスリー
  • ケーヒン
  • セイコーエプソン
  • 富士通
  • CTC
  • 本決算だからといってIFRSの任意適用公表会社が増えるということでもないのだと思いますが、それほど多くなかったというのが個人的な感想です。

    今後も増加していくのは確かですが、急激に増加していくという感じではなさそうです。

    なお、IFRS適用会社を監査法人別にみると、以下のようになっているそうです。
    トーマツ 16社
    あずさ  15社
    新日本  8社
    あらた  2社
    新創   1社

    出版されている書籍からイメージする力の入れ方からすると、トーマツはイメージどおりですが、あずさが15社に対して新日本が8社というのは意外な感じがしました。

    社数でいえばもともと母集団が少ないこともあり大した差ではありませんが、IFRSの任意適用会社が100社程度になった時に、同じ割合で差が開いていくのか監査法人別の社数にも注目していきたいと思います。

    日々成長

    関連記事

    1. IFRS適用の国内子会社も実務対応報告18号の対象に

    2. 参天製薬がIFRSの任意適用を発表-31社目

    3. IFRSの準備企業-上場会社の約2割を多いとみるか少ないとみるか…

    4. 日本基準で連結範囲の変更が認められIFRSの任意適用を延期-GC…

    5. IFRSにおける有給休暇引当金の参考事例

    6. IFRS適用検討会社数はこの位が限界か?

    カテゴリー

    最近の記事

    ブログ統計情報

    • 10,721,324 アクセス
    ページ上部へ戻る