閉じる
閉じる
閉じる
  1. 「資本剰余金」を減資とする配当をきちんと伝達されずに面倒なことになった…
  2. 14期連続でGC注記を記載している会社の注記推移を確認してみた
  3. 大企業経理マンでも見落としがちな消費税項目③ーリバースチャージ
  4. IFRS適用会社(予定含む)が225社に
  5. 労働基準法の管理監督者性はやはり厳しいと感じた判例ー日産自動車事件
  6. 国内外数社の代表を務める納税者を居住者であると判断した課税当局が全面敗…
  7. 敷金の額を上回るため簡便法から原則法へ変更した事例(資産除去債務)
  8. 「消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編)」等が改訂されました…
  9. 電子帳簿保存法・スキャナ保存の承認申請書が一部簡素化
  10. 非上場会社において訴訟で総会決議取消となった理由(2例)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

IFRS適用会社が42社に拡大

経営財務3162号に”IFRS適用企業42社に CTC,エプソン,富士通,ケーヒン”という記事が掲載されていました。

2月に確認したときは31社でしたので、11社増となっています。
それ以降IFRSの適用を公表した会社は以下の通りです。

  • そーせいグループ
  • 伊藤忠エネクス
  • 日東電工
  • GCAサヴィアン
  • エーザイ
  • コニカミノルタ
  • エムスリー
  • ケーヒン
  • セイコーエプソン
  • 富士通
  • CTC
  • 本決算だからといってIFRSの任意適用公表会社が増えるということでもないのだと思いますが、それほど多くなかったというのが個人的な感想です。

    今後も増加していくのは確かですが、急激に増加していくという感じではなさそうです。

    なお、IFRS適用会社を監査法人別にみると、以下のようになっているそうです。
    トーマツ 16社
    あずさ  15社
    新日本  8社
    あらた  2社
    新創   1社

    出版されている書籍からイメージする力の入れ方からすると、トーマツはイメージどおりですが、あずさが15社に対して新日本が8社というのは意外な感じがしました。

    社数でいえばもともと母集団が少ないこともあり大した差ではありませんが、IFRSの任意適用会社が100社程度になった時に、同じ割合で差が開いていくのか監査法人別の社数にも注目していきたいと思います。

    日々成長

    関連記事

    1. 日本基準で連結範囲の変更が認められIFRSの任意適用を延期-GC…

    2. IFRS適用の国内子会社も実務対応報告18号の対象に

    3. 参天製薬がIFRSの任意適用を発表-31社目

    4. IFRS任意適用10社目は楽天-2013年12月期第1四半期より…

    5. 「会計基準選択に関する基本的な考え方」の集計結果(東証)

    6. IFRS任意適用会社が60社を突破

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    カテゴリー



    ブログ統計情報

    • 8,425,328 アクセス
    ページ上部へ戻る