閉じる
閉じる
閉じる
  1. 退職代行業者から従業員が退職したいという旨の連絡が来た場合の対応とは?…
  2. 2年契約なら2年分の申告書作成報酬が8%?-消費税経過措置
  3. 会計監査人の交代-クライアントの変動が多かった監査法人は?
  4. 個人番号照会スキームが今国会で実現するらしい
  5. 所得拡大促進税制-決算賞与で要件充足は要注意
  6. 監査人の交代が3年連続で増加
  7. 休憩時間を勝手にずらして取得する社員を懲戒できるか?
  8. 新たな連結納税制度は「個別申告方式}?
  9. 「従業員の状況」欄で男女別の平均給与等を記載している事例
  10. 保険外交員も東京都では「代理業」として個人事業税の対象で運用
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

年度中に所定労働時間が変更になった場合の時間単位有給時間数はどうなる?

今回は、年度の途中で所定労働時間数が変更になった場合の時間単位の有給休暇についてです。

一般的に考えられるのは、通常労働者の所定労働時間が8時間の会社において、育児のため短時間勤務制度(たとえば1日6時間)で勤務していた方が、子供が一定年齢に達した等の理由で1日8時間の勤務に戻ったというようなケースです。

さて、当該労働者の短時間勤務最終日時点の有給休暇残が10日と3時間であった場合、この端数の3時間はどうなるのでしょうか。端数の3時間は所定労働時間が8時間になっても3時間としてカウントされるのか、補正されるのかという問題です。

この点については、厚生労働省が2010年に公表した「改正労働基準法に係る質疑応答」のQ&A34で述べられていますが、結論としては、所定労働時間数の変動に応じて補正計算する必要があります。

どのような補正が必要になるかですが、上記の前提のケースでは以下のように計算することになります。

3時間×8時間/6時間=4時間

これにより、上記のケースでは所定労働時間変更時に10日と4時間の有給休暇が残っているということになります。その後、端数の4時間を使用し、さらに時間単位の有給休暇の取得が可能な場合は1日=8時間で時間単位の有給時間数に換算されることになります。

なお、上記のケースでは計算後の時間数に1時間未満の端数が生じていませんが、計算した結果1時間未満の端数が生じる場合は1時間単位へ切り上げることが必要となりますので注意が必要です。

例えば、所定労働時間変更時に残っていた時間数が4時間であった場合、4時間×8時間/6時間=5.3時間となりますので、この場合は6時間と計算されることになります。

時短勤務から通常の勤務形態に戻った場合には、引き継ぐ時間数が増加することになりますので、あとあとトラブルにならないようにするためにもきちんと計算する必要があります。

日々成長

関連記事

  1. 就業規則において定めれている退職後の競業避止義務は有効か?

  2. 会計士・税理士もついに失業給付が受給可能となりました

  3. 弁当販売チェーン店の店長の管理監督者性が争われた事案

  4. 改正民法の確認(その1)-有休の繰越期間も長くなる?

  5. 消費者庁、育休取得で上司同僚も評価アップの新制度・・・

  6. 1歳6か月に達する日はいつのこと?-改正育児・介護休業法施行前に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 7,606,322 アクセス
ページ上部へ戻る