閉じる
閉じる
閉じる
  1. 贈与税、暦年課税が廃止の方向で議論
  2. 監査法人大手門会計事務所の会計士1名が登録抹消、法人は解散へ
  3. 東証時価総額上位500社の取締役・執行役の報酬に占める業績連動報酬割合…
  4. 子会社株式の購入手数料-消費税は共通対応でいいそうです
  5. 海外子会社への復旧支援も寄附金に該当せず(新型コロナ)
  6. 顧客紹介に係る謝礼と交際費
  7. 子会社から親会社の配当に対して源泉徴収が不要となる?
  8. 旧経営陣解任の総会への委任状返信に3,000円のクオカードの可否
  9. 同一労働同一賃金-日本郵便事件最高裁判例を確認
  10. 公認会計士のM&A仲介トラブル-会計士・会社双方の請求を認め…
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

消費税簡易課税のみなし仕入率-届出書の提出日により差が生じる可能性!

今回は消費税の簡易課税制度についてです。

平成26年税制改正では、消費税の簡易課税制度が見直されています。改正内点は以下の二つです。

  1. 従来第4種(みなし仕入率60%)として「その他事業」に含まれていた「金融業及び保険業」が第5種となりみなし仕入率が50%とされています。
  2. 従来第5種(みなし仕入率50%)であった「不動産業」が新設された第6種に区分され、みなし仕入率が40%とされています。

この改正は、平成27年4月1日以後に開始する課税期間に適用されます。

しかしながら、この改正には重要な経過措置が設けられています。

経過措置
平成26年9月30日までに「消費税簡易課税制度選択届出書」を提出した事業者は、平成27年4月1日以後に開始する課税期間であっても当該届出書に記載した「適用開始課税期間」の初日から2年を経過する日までの間に開始する課税期間(簡易課税制度の適用を受けることをやめることができない期間)については、改正前のみなし仕入率が適用される。

つまり、平成27年4月1日以後の事業年度から簡易課税を選択しようとする場合、平成26年9月30日までに届け出を提出したかどうかによって適用されるみなし仕入率が異なることになる可能性があるということになります。

簡易課税制度を選択しようとする場合には、選択しようとする課税期間の初日の前日までに届け出すればよいとされていますが、平成27年4月1日以後の事業年度から簡易課税の選択を考えている場合には、平成26年9月30日までに届出書を提出したほうが有利になる可能性があるので手続きでミスをしないように注意が必要です。

最後に改正前後のみなし仕入率の全体像は以下のようになっています。
2014-06-13_1
(出典:「消費税法令の改正等のお知らせ」国税庁 平成26年4月)

日々成長

関連記事

  1. 短期前払費用の特例採用時の消費税の取扱いが示されました-国税庁Q…

  2. 価格改定用シールの提供要請も消費税転嫁対策法の指導対象に

  3. 国際取引と消費税(その4)-輸出免税等

  4. 消費税率アップの経過措置とは?(その2)-請負契約

  5. 即時充当によるキャッシュレスに係る消費税の仕入税額控除の処理

  6. 消費税率改正施行日をまたぐ役務提供の前受金等に適用される消費税率…

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,385,930 アクセス

ページ上部へ戻る