閉じる
閉じる
閉じる
  1. 受取配当等益金不算入制度で多い誤りとは?
  2. メール送信する請求書ドラフトは電帳法対象外を応用すると…
  3. 四半期開示は結局どうなる?
  4. 取締役会議事録に記載しなければならない事項
  5. 意見不表明は極めて例外的な状況のみに許容される
  6. 副業の損失、雑損失として給与所得等との通算が否認されることも
  7. 任意の会計監査人
  8. “新”逓増定期保険、一時所得として課税対象になる可能性
  9. 確定申告期限の一律延長は実施せずとも、簡易な方法で延長可
  10. 公認会計士・監査審査会、仁智監査法人に2度目の行政処分勧告
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

消費税簡易課税のみなし仕入率-届出書の提出日により差が生じる可能性!

今回は消費税の簡易課税制度についてです。

平成26年税制改正では、消費税の簡易課税制度が見直されています。改正内点は以下の二つです。

  1. 従来第4種(みなし仕入率60%)として「その他事業」に含まれていた「金融業及び保険業」が第5種となりみなし仕入率が50%とされています。
  2. 従来第5種(みなし仕入率50%)であった「不動産業」が新設された第6種に区分され、みなし仕入率が40%とされています。

この改正は、平成27年4月1日以後に開始する課税期間に適用されます。

しかしながら、この改正には重要な経過措置が設けられています。

経過措置
平成26年9月30日までに「消費税簡易課税制度選択届出書」を提出した事業者は、平成27年4月1日以後に開始する課税期間であっても当該届出書に記載した「適用開始課税期間」の初日から2年を経過する日までの間に開始する課税期間(簡易課税制度の適用を受けることをやめることができない期間)については、改正前のみなし仕入率が適用される。

つまり、平成27年4月1日以後の事業年度から簡易課税を選択しようとする場合、平成26年9月30日までに届け出を提出したかどうかによって適用されるみなし仕入率が異なることになる可能性があるということになります。

簡易課税制度を選択しようとする場合には、選択しようとする課税期間の初日の前日までに届け出すればよいとされていますが、平成27年4月1日以後の事業年度から簡易課税の選択を考えている場合には、平成26年9月30日までに届出書を提出したほうが有利になる可能性があるので手続きでミスをしないように注意が必要です。

最後に改正前後のみなし仕入率の全体像は以下のようになっています。
2014-06-13_1
(出典:「消費税法令の改正等のお知らせ」国税庁 平成26年4月)

日々成長

関連記事

  1. 消費税増税後の申告 付表1-1等の記入誤りに注意?

  2. 貯蔵品の課税仕入れを行った日はいつか?-貯蔵品残高は税込?税抜?…

  3. 消費税追加請求担当者の苦悩

  4. 大企業経理マンでも見落としがちな消費税項目③ーリバースチャージ

  5. 平成23年度税制改正による消費税改正-95%ルールの見直し

  6. 短期前払費用の特例採用会社が消費税差額を翌期に支払った場合の処理…




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,894,853 アクセス
ページ上部へ戻る