閉じる
閉じる
閉じる
  1. 18監査事務所が会計士資格を誤表記で有報訂正が必要らしい
  2. 内部統制新基準が2025年3月期より適用に(公開草案)
  3. デューデリジェンス(DD)費用の税務上の取り扱い
  4. テレワークの交通費、所得税の非課税限度額適用の有無は本来の勤務地で判断…
  5. プライム市場上場会社、88.1%が英文招集通知を提供
  6. タクシー、インボイス対応か否かは表示灯での表示を検討?
  7. 副業の事業所得該当判断の金額基準はパブコメ多数で見直し
  8. 総会資料の電子提供制度、発送物の主流はアクセス通知+議案等となりそう
  9. 押印後データ交付の場合、作成データのみの保存は不可(伝帳法)
  10. 四半期開示の議論再開(第1回DWG)
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

税効果会計の適用税率、公布日から実質的確定日へ変更を検討

2014年5月27日に開催された税効果会計専門委員会において、「子会社への投資に係る将来加算一時差異の税効果と繰延税金負債の支払可能性」、「税効果会計に適用される税率が変更された時の取扱い」などの検討が行われました。

現状、税効果会計に適用する税率は、期末日現在で公布されている税法規定に基づいて算定した税率によることとされています(個別税効果実務指針18項)が、上記の「税効果会計に適用される税率が変更された時の取扱い」の検討では、公布日基準を変更する案を支持する意見が多数聞かれたとのことです。

公布日基準を変更する際の対応案として挙げられているのは以下の二つです。

  1. 現行の規定を修正し、実質的に税法の改正が有効になったと判断される時点で税法が改正されたものとして取り扱う(有効になったと判断される状況を明記せず、状況により判断する)。
  2. 現行の規定を修正し、税法が成立した時点(法律の成立時点)で税法が改正されたものとして取り扱う。

1の案の「実質的に税法の改正が有効になったと判断される時点」は「状況により判断する」となっていますが、税法の改正が国会で成立し後は公布を待つだけというような状況が当てはまるのではないかと考えられます。

このような改正がなされると、3月31日に地方法人税法および地方税法の改正が公布されたものの、各地方自治体の改正条例が3月末までに公布されなかったというようなケースにおいても問題なく改正後の税率を適用することができるようになると考えられます。

なお、IFRSでは、報告期間の末日において制定(enacted)又は実質的に制定(substantively enacted)されている税率及び税法に基づいて、算定しなければならないとされています(IAS 第 12 号第 47 項)。そして、この「実質的に制定されている」とは一般的には法律制定過程においてさらなる修正の可能性がなくなった時点と解されています。

したがって、日本基準において上記のような改正がされると、IFRSと同様の取り扱いとなるといえます。

日々成長

関連記事

  1. 2018年12月期決算会社-改正税効果基準早期適用は15社

  2. 平成28年度の東京都外形標準適用法人の超過税率は2.14%になる…

  3. 「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」の改正適用時の影響額…

  4. 3月31日に復興特別法人税の廃止が公布されました

  5. 共通支配下の事業譲渡に係る税効果-連結財務諸表の処理

  6. (分類2)の会社がスケジューリング不能な一時差異の回収可能性を合…




カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 12,866,990 アクセス
ページ上部へ戻る