閉じる
閉じる
閉じる
  1. 書類送付を頼まれて書類を送付したら、顧客を奪うのに協力したと訴えられた…
  2. 株式会社MTGが四半期報告書の提出期限を再延長って何が?
  3. 「みなし大企業」の範囲を確認
  4. 業務手当の割増賃金該当性(固定残業代)が争われた事案
  5. 市場区分見直しに向けた第2回会合が開催
  6. ハイブリッド型バーチャル株主総会って何
  7. 雇用者給与等支給増加額を事後的に増額する更生請求は認められない
  8. 償却資産の申告制度見直しの動向
  9. 「株式の保有状況」の改正を再確認
  10. 税理士の懲戒処分は3割が名義貸し
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

JR乗車券の払い戻し手数料と消費税

今回はJR乗車券の払い戻し手数料と消費税についてです。

早速ですが、JR東日本の場合、乗車券等を払い戻そうとすると以下の手数料がかかります。
2014-06-05-1
(出典:JR東日本HPより)

さて、上記の手数料は課税仕入となるものなのか、課税対象外なのかが問題となります。

結論としては、上記の手数料のうち220円分は課税仕入に該当し、それ以外のものは消費税の課税対象外となると考えられます。

この点に関連するものとしては消費税基本通達5-5-2がありますが、それよりも国税庁タックスアンサーNo.6253 キャンセル料が参考となります。

タックスアンサーでは、以下の二つに分けて述べられています。

  1. 解約に伴う事務手数料としてのキャンセル料
  2. 逸失利益に対する損害賠償金としてのキャンセル料

要約すれば上記1は課税仕入となり、上記2は課税対象外となるとされています。

特に上記2においては、以下のように述べられています。

本来得ることができたであろう利益がなくなったことの補てん金ですから、資産の譲渡等の対価に該当しないため課税の対象となりません。
 例えば、航空運賃のキャンセル料などで、払戻しの時期に関係なく一定額を受け取ることとされている部分の金額は、解約に伴う事務手数料に該当し課税の対象になりますが、搭乗日前の一定日以後に解約した場合に受け取る割増しの違約金部分は課税の対象となりません。

JR東日本の手数料のうち、手数料が220円となっているものは「有効期間内」あるいは「出発時刻」までの手数料ですので特に違約金部分は含まれておらず、単なる事務手数料見合いと考えられます。

一方で、手数料が330円以上のものは、「列車出発日の2日前まで」という一定期間以後のものとされていることや、「出発時刻」までとしつつも上記の手数料よりも高額な30%相当(最低330円)の手数料がかかることから、通常の手数料とは別に逸失利益部分がのっているのものと考えられます。

したがって、手数料が330円以上のものは消費税の課税対象外部分を含むものと考えられますが、もう一つの問題は330円の場合、220円は課税仕入、110円は逸失利益見合いで消費税課税対象外としてよいのかという点です。

この点については、通常の乗車券であっても事務手数料として220円の手数料がかかるので、指定券を払い戻した場合にも同額の事務手数料がかかっていると考えるのは自然だと思います。
このように考えると、手数料330円のうち220円は課税仕入、110円分は逸失利益のペナルティとして消費税の課税対象外としてよいのではないかと考えられます。

つまり、今の払い戻し料金体系であれば、払い戻し手数料のうち220円までは課税仕入れとし、それ以外の部分は消費税の課税対象外とするという処理でよいのではないかと考えられます。

日々成長

関連記事

  1. 預金の利息だけなら全額仕入控除できる?-消費税95%ルール見直し…

  2. 消費税受還付事件-平成29年度は過去最高の懲役7年6月も

  3. 販売奨励金と販売手数料はどう違う?

  4. 海外出張の日当も課税仕入か?

  5. 課税売上割合に準ずる割合とは?(その2)

  6. 保守サービスの消費税を追加請求する旨の案内を初めて受け取りました…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,123,633 アクセス
ページ上部へ戻る