閉じる
閉じる
閉じる
  1. 役員等の責任限定契約を再確認
  2. 会計限定監査役に対する責任を問う最高裁判決が下されました
  3. 電子取引制度対象の請求書等を出力保存した場合、「やむを得ない理由」等の…
  4. 届出漏れが原因で不支給となっていた手当は遡及して支払う必要があるか?
  5. KAMの個数は1個が7割超-経営財務誌調べ
  6. 短期前払費用特例適用の留意点
  7. 会計監査人の異動は209件-2021年度モニタリングレポート
  8. 執行役員から社長選出の定款変更が否決された株主総会事例
  9. 電子取引制度、保存要件未充足で青色申告取消になる?
  10. 2021年3月期有報、KAMなしは119社
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

『スゴい「減価償却」』ってなんだ?

書店で見かけた『スゴい「減価償却」』(杉本俊伸 著)、タイトルが気になってつい購入してしまいました。完全な職業病ですね・・・

さて、どんなスゴい減価償却について述べられているのかと思いましたが、述べられている減価償却そのものは、いたって普通のものでした。

スゴイ方法の減価償却ではなく、減価償却をうまく使えば節税ができてスゴイという内容が終始かかれています。一応良心的なのは、紹介されている方法を使用するにしても当初出資額が回収できなければ意味がないということと、基本的には課税の繰り延べに過ぎない旨が書かれていることです。

将来のことはよくわからないので、可能な範囲で減価償却をうまく使用して、課税の繰り延べを図りましょうという感じで減価償却を使った節税手法が紹介されています。

典型的なものとしては、中古資産を使用した手法で、高級中古車、クルーザー、木造アパートなどが取り上げられています。一方で、中小企業でここまでやるか?というものとしては、航空機やヘリコプターなどのリースを使った節税方法についても触れられています。

その他、太陽光発電設備の即時償却も取り上げれていますが、最後は「安易な償却資産活用で後悔しないために」という章を設けて、(税務上問題とならない)適切なタックスマネジメントをすすめています。

内容よりはタイトルにやられた感じの書籍でした。
日々成長

関連記事

  1. 消費税(その6)-個別対応方式の用途区分4

  2. 海外サイトからネット経由で商品を購入した場合の税金は?(その1)…

  3. 高率返戻率の保険契約はもはや契約困難らしい

  4. 5000円以下の飲食費も税務調査の重要ポイント-税務通信

  5. 「上場有価証券の評価損に関するQ&A」は現在も有効

  6. 平成29年度税制改正(その1)-法人税関連

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,317,172 アクセス
ページ上部へ戻る