閉じる
閉じる
閉じる
  1. IESBAが5年連続15%超の報酬依存で監査人辞任を提案
  2. 賃金債権の消滅時効は当面3年となるようです
  3. 個人がポイントを取得・使用した場合の課税関係
  4. 2019年のIPOは94社-経営財務誌調べ
  5. 令和2年改正で過大配当利用の節税封じ
  6. クラウド導入のカスタイズ費用の税務上の取扱い
  7. 初期費用込みのクラウド利用料は金額が区分されているかどうかで取扱いが異…
  8. 海外の2019年会計にまつわる事項トップ10とは?
  9. 帳簿等の不提示を貫き多額の追徴課税処分を受けた納税者が控訴
  10. 自社株対価M&Aの課税繰延は今後の検討課題に
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

『スゴい「減価償却」』ってなんだ?

書店で見かけた『スゴい「減価償却」』(杉本俊伸 著)、タイトルが気になってつい購入してしまいました。完全な職業病ですね・・・

さて、どんなスゴい減価償却について述べられているのかと思いましたが、述べられている減価償却そのものは、いたって普通のものでした。

スゴイ方法の減価償却ではなく、減価償却をうまく使えば節税ができてスゴイという内容が終始かかれています。一応良心的なのは、紹介されている方法を使用するにしても当初出資額が回収できなければ意味がないということと、基本的には課税の繰り延べに過ぎない旨が書かれていることです。

将来のことはよくわからないので、可能な範囲で減価償却をうまく使用して、課税の繰り延べを図りましょうという感じで減価償却を使った節税手法が紹介されています。

典型的なものとしては、中古資産を使用した手法で、高級中古車、クルーザー、木造アパートなどが取り上げられています。一方で、中小企業でここまでやるか?というものとしては、航空機やヘリコプターなどのリースを使った節税方法についても触れられています。

その他、太陽光発電設備の即時償却も取り上げれていますが、最後は「安易な償却資産活用で後悔しないために」という章を設けて、(税務上問題とならない)適切なタックスマネジメントをすすめています。

内容よりはタイトルにやられた感じの書籍でした。
日々成長

関連記事

  1. 平成31年4月以降終了事業年度分の「勘定科目内訳明細書」が公表さ…

  2. 平成27年税制改正で予定される受取配当金の益金不算入額

  3. 事業譲渡と会社分割の違いは?

  4. 決算賞与の損金算入―賃金規程にも注意!

  5. 東京都外形標準課税税率の公布は7月になるようです

  6. DESを巡る税賠訴訟、高裁でも税理士法人に3億円の賠償命令

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 9,207,342 アクセス
ページ上部へ戻る