閉じる
閉じる
閉じる
  1. 労働基準法の管理監督者性はやはり厳しいと感じた判例ー日産自動車事件
  2. 国内外数社の代表を務める納税者を居住者であると判断した課税当局が全面敗…
  3. 敷金の額を上回るため簡便法から原則法へ変更した事例(資産除去債務)
  4. 「消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編)」等が改訂されました…
  5. 電子帳簿保存法・スキャナ保存の承認申請書が一部簡素化
  6. 非上場会社において訴訟で総会決議取消となった理由(2例)
  7. 退職給付債務ー割引率がマイナスは28社(2019年3月期)
  8. 必要な資料の提出を促せば注意義務を尽くしたことになる?
  9. 企業等所属会計士に対する倫理規則が改正されたそうです
  10. 株式報酬に係る開示規制の改正-2019年7月1日より施行済み
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

元国税調査官が語る「税金を払うやつはバカ!」

久々に読んだ本の内容紹介です。今回紹介するのは「税金を払う奴はバカ!」(ビジネス社 大村大次郎 著)です。

著者の肩書が元国税調査官ということで、本のタイトルとのギャップに惹かれて購入しました。

元国税調査官がこのようなタイトルで本を書いたのは、取るべきところから税金をとっていないという税制の在り方に疑問を感じており、むしろ「今の日本では税金を払っても、全然、国や社会のためにはならない」という思いがあったためだそうです。

著者は富裕層や大企業からもっと税金をとるべきという考え方をもっており、中小企業などは税金云々よりも存在し、雇用を生み出しているだけで価値があるとしています。

そのため、日本の財政問題も「金持ちが普通に税金を払えば財政問題はすぐに解決する」という主張をしています。ここでいう「金持ち」そのもの定義はされていませんが、関連する箇所で、納税額3000万円以上の高額納税者へのアンケート結果を引用し、金持ちナンバー1・2として企業経営者・幹部、医者を紹介し、これらの人が極端に税率が安くなっていると指摘していることからすると、何かと線が引かれる年収1000万円レベルではなく、本当の意味での富裕層を指していると考えてよさそうです。

大企業や富裕層への増税を提案する一方で、中小企業や一般サラリーマンには節税を訴えています。

節税手法としては斬新なものは特に紹介されていませんが、中小企業の節税にあっては「上手に公私混同しよう」として「なるべく多くの公私混同を行う」ことをすすめています。
元国税調査官が公私混同をすすめるというのは斬新ですが、内容としては以下のようなもので、特段ぶっとんでいるないようではありません(当然か・・・)。

  • 会社の金で飲み代を出す
  • 会議費をうまく使って飲食費を出す
  • 視察旅行をうまく使う
  • 本や雑誌代を経費でおとす
  • 自宅のパソコンを経費で買う
  • 上記のうち、視察旅行については、調査官時代の経験を元に、きっちりした視察の内容の記録がのこっていれば税務署がこれを否認するのは難しいということが述べられています。

    一方でサラリーマンの節税については、以下のようなものが取り上げられています。

  • ふるさと納税を利用する
  • 医療費控除を利用する
  • 賃貸不動産を所有して大家になる
  • 社内独立化を検討する
  • 以上のほか、会社にも従業員にもメリットがある方法として、給料の払い方を変えるという点に焦点をあてて1章を使って方法を提案しています。
    たとえば賃貸物件に居住している従業員については、会社が借り上げて従業員から市場家賃の15%程度の家賃を徴収するようにして給料をその分調整すれば所得税や社会保険料が安くなり、会社のキャッシュアウト額は同じでも手取りは増えるというようなことが紹介されています。

    タイトルはセンセーショナルですが、内容は比較的常識的な内容に終始していた印象です。

    日々成長

    関連記事

    1. 交際費と会議費の区分

    2. 子会社に対する高額外注費に行為計算否認規定が適用された事案

    3. 子会社の清算に伴う債権放棄・現物分配・株式消却損

    4. グループ法人税(その1)-概要

    5. 特別復興法人税の申告は?

    6. 外形標準課税(その3)-付加価値割

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    カテゴリー



    ブログ統計情報

    • 8,390,409 アクセス
    ページ上部へ戻る