閉じる
閉じる
閉じる
  1. 改正項目の「事業等のリスク」、2019年3月期の早期適用は26社
  2. 証券取引等監視委員会が令和元年の「開示検査事例集」を公表
  3. 清流監査法人に業務改善命令
  4. 収益認識会計基準の注記事項等が明らかに
  5. 社有車運転中の音声をドライブレコーダーで強制的に録音することの可否
  6. 通達に従った税務処理を否認する課税処分が司法でも相次いで容認されている…
  7. ASBJ LIBOR公表停止対応で契約の条件変更とヘッジ会計に関する論…
  8. 監査役協会-監査役会への監査役選解任件の付与等を提言
  9. ムゲンエステートがマンション仕入控除訴訟で敗訴-東京地裁
  10. 改正会社法、今臨時国会(12月9日まで)に成立させたい意向
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

期間定額基準を採用する会社は思った以上に少数派?-改正退職給付基準

経営財務3171号に退職給付会計基準の早期適用会社の年度末開示の調査結果が掲載されていました。

平成26年3月期において退職給付会計基準を早期適用した会社は34社(上場廃止会社除く)で、このうち31社が退職給付債務の計算方法の改正規定を早期適用しました。

経営財務の記事によると、計算方法の改正を適用した31社のうち30社は給付算定式基準を採用しており、従来通り期間定額基準を採用したのはハウス オブ ローゼのみであったとのことです。

方法自体に優劣はないとされているものの、将来的にIFRSが適用されることとなった場合、エンドースメントされたIFRSであっても期間定額基準はなくなるかもしれないと考えると、このタイミングで給付算定基準を採用しておくという選択は当然なのかもしれません。

母集団が小さいため、全体でみるともう少し違った割合になる可能性はありますが、ここまで給付算定基準の採用会社が圧倒的であるとすると、期間定額基準が廃止される日も近いのかもしれません。

最終的にどのくらいの会社が期間定額基準を採用することになっているのか、今後の調査に注目です。

日々成長

関連記事

  1. 年金資産の内訳作成時の留意事項(金融庁より)

  2. 退職給付債務の計算方法を簡便法から原則法へ変更した場合の処理(そ…

  3. 給付算定式基準を選択する会社の相当数あるようです-産業経理協会ア…

  4. 有価証券報告書作成の留意点(平成27年3月期)-その1

  5. 中退共が確定給付制度の内枠の制度である場合の会計処理

  6. マイナス金利と退職給付債務の割引率

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,833,507 アクセス
ページ上部へ戻る