閉じる
閉じる
閉じる
  1. リース基準・・・参考人より日本の不動産賃貸借の特殊性に考慮が望まれると…
  2. 管理監督者に深夜割増手当を支給していないが8.9%
  3. DESを巡る税賠訴訟、高裁でも税理士法人に3億円の賠償命令
  4. 複数の業界団体から四半期開示にかかる意見書等が提出されているそうです
  5. 時価の算定に関する会計基準(その3)
  6. のれんの償却期間は基本的に10年が上限になる?
  7. 収益認識会計基準の早期適用新たに8社が開示
  8. フリンジベネフィット開示に変化の兆しがあるらしい
  9. 時価の算定に関する会計基準(その2)
  10. 全額損金算入タイプから払済保険への変更も洗替処理が必要
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

横領による重加算が交際費等に次ぐ多さになっているそうです

1年以上前に”損害賠償金の税務上の取扱い(その2)-不正行為による従業員等への損害賠償請求権は重加算税に注意”で書いたように、役員や従業員の不正があった場合に、法人税法上、重加算税を課せられるリスクがあります。

重加算が課せられる事例としては、期ずれや交際費によるものが上位を占めていますが、今やこれらと並び「横領」を原因として重加算税を課せられるケースが多くなっているとのことです(T&A master No.552 「横領による重課、交際費等に次ぐ多さに」)。

役員不正はまだしも、従業員の不正によって会社が重加算税を課せられるのは少々酷な気はしますが、従業員の不正行為が法人の行った仮装隠ぺい行為にあたるということで重加算税が課せられることがあるわけです。

前出のT&A masterの記事は、2014年6月に報じられた大成建設の幹部社員が約10社の下請業者に架空発注を繰り返し約6千万円の裏金をつくり、私的なマンションの建築費に充てていた事案に対して重加算税が課せられたという事案をきっかけに書かれたもののようですが、規模の大きい会社は、このような会社のやり方を熟知した幹部社員の不正をどのように防ぐのかは悩ましいところではないかと思います。

日々成長

関連記事

  1. 法人契約の損害保険から受け取った保険金を従業員へ支払った場合の課…

  2. 国税通則法の改正による税務調査手続の明確化(その2)

  3. 国税通則法の改正による税務調査手続の明確化(その3)

  4. 平成27年度税制改正-自治体によっては法人税割の不均一課税にも影…

  5. 税制改正に応じて定額法への変更は正当な理由による会計方針の変更で…

  6. 資産計上される商標権と資産計上されない商標権の違いは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,697,215 アクセス
ページ上部へ戻る