閉じる
閉じる
閉じる
  1. 労働基準法の管理監督者性はやはり厳しいと感じた判例ー日産自動車事件
  2. 国内外数社の代表を務める納税者を居住者であると判断した課税当局が全面敗…
  3. 敷金の額を上回るため簡便法から原則法へ変更した事例(資産除去債務)
  4. 「消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編)」等が改訂されました…
  5. 電子帳簿保存法・スキャナ保存の承認申請書が一部簡素化
  6. 非上場会社において訴訟で総会決議取消となった理由(2例)
  7. 退職給付債務ー割引率がマイナスは28社(2019年3月期)
  8. 必要な資料の提出を促せば注意義務を尽くしたことになる?
  9. 企業等所属会計士に対する倫理規則が改正されたそうです
  10. 株式報酬に係る開示規制の改正-2019年7月1日より施行済み
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

財産保全会社設立のメリットは?

オーナー系の会社が上場準備をする場合、財産保全会社が設立されることが多くあります。

例えば、明日ジャスダックに上場予定の(株)鳥貴族のIの部の「株主の状況」では以下のように開示されています。
2014-07-09_1
第2位の株主である「株式会社大倉忠」は役員等により議決権の過半数を所有されている会社とされていますので、オーナーの財産保全会社として設立されたものと推測されます。

財産保全会社を設立するメリットは?

一言でいえば、相続税対策です。つまり、財産保全会社を設立しておくと、将来の相続税の節税が可能となる可能性が高いということです。

以下、どうしてそうなるのかについてです。

株式上場を考えている会社のオーナーは、自分の保有している株式の一部を財産保全会社に現物出資するか譲渡するかします。あえて書くまでもないかもしれませんが、これによりオーナーは上場を予定する会社の株式と財産保全会社の株式を保有することになります。

そして、株式上場後に相続が生じた場合、相続人は上場会社の株式と財産保全会社の株式を相続することになります。

上場株式の相続税評価額

上場株式の場合、相続税評価額は、課税時期(相続の場合は被相続人の死亡の日、贈与の場合は贈与により財産を取得した日)の終値、その月、前月及び前々月の終値の平均値のうち最も低い価格となります。

上記のうち最も低い価格となるとしても、非上場時と比較すれば株式上場によって、相続税評価額は著しく高いものとなる可能性が高いといえます。

財産保全会社株式の相続税評価額

財産保全会社の株式は、取引相場のない株式となりますが、さらに一般的には「株式保有特定会社」に該当します。

「株式保有特定会社」とは、課税時期(又は直前期末)においてその会社が有する株式及び出資の額の総資産価額に占める割合(いずれも相続税評価額で計算)が50%以上である会社を意味します(財基通189(2)。

したがって、財産保全会社が上場株式の保有を目的とするのであれば、一般的に財産保全会社は「株式保有特定会社」に該当することになるといえます。

そして、「株式保有特定会社」の株式は、原則として純資産価額方式に評価されることとなります。

より具体的には、財産保全会社株式の相続税評価額から含み益に対する法人税等相当額(40%)を控除した金額として評価されることになります(財基通186-2)

これにより結果的に、財産保全会社に株式を移動した時点から相続時までの評価額の増加分に対する法人税相当分(40%)の節税が可能となるわけです。

また、後継者に財産保全会社を設立させ、オーナーは財産保全会社に貸付を行い、後継者に株式を取得させるということも考えられます。貸付金であれば、上場しても評価額が増加するということもありませんので、後継者への株式の移転と相続税対策を同時に行うことができるとも考えられます。

なお、この財産保全会社を使用した節税については、段々と規制が強化されてきているという経緯があるようですし、相続税そのものも課税範囲が拡大されていることを鑑みると、将来同様の節税効果が得られないこともあるという可能性は考えておいた方がよいのではないかと思います。

日々成長

関連記事

  1. 事業税が過少に算出される申告書作成ソフトがあるらしい

  2. 不動産流動化に伴う信託受益権の譲渡取引-会計と税務で差異

  3. 連結納税(その3)-導入のメリット(税額控除)

  4. 平成28年度税制改正でマイナンバー記載対象書類の見直しが行われる…

  5. 国外財産調書、初年度の提出は5,539人-国税庁発表

  6. 平成23年税制改正による租税特別措置法改正(その1)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー



ブログ統計情報

  • 8,390,430 アクセス
ページ上部へ戻る