閉じる
閉じる
閉じる
  1. 2021年4月1日より「租税条約に関する届出書」の電子提出が可能に
  2. 算定・月変実務の変更点(2021年)
  3. ムゲンエステート、消費税をめぐる裁判で上告を断念
  4. 研究開発税制の自社利用ソフトへの適用拡大
  5. 2021年2月期の小売業・サービス業のコロナ影響収束見込
  6. 公益財団法人への自己株の低額割当が散見される?
  7. 2021年3月期有価証券報告書、金融庁レビューの重点テーマ審査は?
  8. 在宅勤務時の残業食事代の課税関係
  9. 名義変更保険の節税が不可能になるようです
  10. ワーケーション旅費の税務上の取扱い
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

グリーが定款を変更し不動産業へ進出?

今日の適時開示情報を見ていたら、グリー株式会社の「定款の一部変更に関するお知らせ」というものが目にとまりました。

平成26年9月26日に開催予定の定時株主総会に付議することを取締役会で決議したというもので、具体的には定款を以下のように変更するとされています。
2014-08-21_1
(グリー株式会社「定款の一部変更に関するお知らせ」より抜粋)

この定款変更からすると旅行業を充実させ、不動産事業や旅客運送業に参入するというものです。

グリーに対する個人的なイメージはスマホ(携帯)ゲーム屋さんというものですが、業績については把握していなかったので、確認してみると以下のように推移しています。
2014-08-21_2
(2013年6月期有価証券報告書)

さらに8月13日に公表された2014年6月期の決算短信によると売上高は125,598百万円(前年比17.5%減)、経常利益36,056百万円(前年比32.6%減)という結果になっています。

減収減益という結果ではありますが、経常利益で360億円の利益を計上しているので、株主でない者にとっては十分ではないかという気がしますが、意地悪な見方をすれば、コンプガチャのような仕組みで稼げないと、こんなものなのかなということになります。

なので、ゲーム以外で稼いでいこうと事業範囲を拡大していこうという思惑のようです。元々定款には「旅行業法に基づく旅行業及びその代理業」が含まれていましたが、ネットで検索してみると今年6月に「グリー、ホテルの当日予約専用スマホアプリ「Tonight」の提供を開始」というようなプレスリリースが出されていました。

ホテルの当日予約に特化したアプリということですが、利用者からすればそこが一番安いかどうかが重要ですので、取り扱いボリュームが大きく独自のプランなどを提供しやすいと思われる一休、楽天トラベル、じゃらんなどに割って入っていけるかは疑問です。

不動産については、すでに「いえプラス」という「全国各地の工務店と提携し、オンラインでの「商品+工事+メンテナンス保証5年間」のパッケージサービスを定額で提供するサービス」を提供しているようですが、今後、賃貸物件の仲介なんかも行っていくのかもしれません。

単に、工務店と顧客のマッチングを行うというのではなく、定額で5年間保証も付けるということになると、工務店の作業の品質管理なども必要になってくると考えられますので、あまりうまくいかないのではないかという気はしますが、今後の業績には注目したいと思います。

日々成長

関連記事

  1. 「第二会社方式」とは?(その1)

  2. 日本株バブル?

  3. 金融円滑化法利用後倒産件数が2カ月連続で過去最高を更新-帝国デー…

  4. 新成人

  5. 期間限定消費税3%UPは悪くないのでは?

  6. 大学生数

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,991,466 アクセス
ページ上部へ戻る