閉じる
閉じる
閉じる
  1. 届出漏れが原因で不支給となっていた手当は遡及して支払う必要があるか?
  2. KAMの個数は1個が7割超-経営財務誌調べ
  3. 短期前払費用特例適用の留意点
  4. 会計監査人の異動は209件-2021年度モニタリングレポート
  5. 執行役員から社長選出の定款変更が否決された株主総会事例
  6. 電子取引制度、保存要件未充足で青色申告取消になる?
  7. 2021年3月期有報、KAMなしは119社
  8. 社会保険等で引き続き押印が必要な手続きは何?
  9. 2020年4月~2021年6月に61社が減資関連の適時開示を実施
  10. 電子取引制度-Excel台帳でも検索要件を満たせるようです
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

内閣府令の改正が公布・施行されました-IPO時の特別情報が不要に!

以前「IPO時の特別情報が不要に!-金融庁、内閣府令の改正案を公表」というエントリで記載しましたが、7月25日に意見募集期限としていた改正案が8月20日に公布・施行されました。

これにより、改正案のとおりIPO時の特別情報の記載が不要となることが確定しました。また、上場時有価証券届出書に掲げる財務諸表の年数短縮等については公布日から適用されることとなっているため、今後特別情報の開示は不要ということになります

パブリックコメントとして寄せられたのは全部で20件となっています。

これで、特別情報の記載は不要となったので負担が減るのは確かですが、ハイライト情報として記載される期間は5年で変更ないようですので、N-3期末の残高を財規ベースで作成し、N-2、N-1の2期で上場を目指すというようなことが認められるのかが気になります。

結局、過去5年分は同じレベルの数値が求められれるとすると、それほど楽になるということではないような気がします。

日々成長

関連記事

  1. 従業員持株会(その2)-従業員持株会の形態

  2. 2020年IPOは93社-監査法人別の社数の傾向に変動あり

  3. 上場直後に一転営業赤字転落を公表したgumi-繰延税金資産の計上…

  4. 株式上場(IPO)に係る監査事務所の選任に関する連絡協議会が設置…

  5. 粉飾決算をめぐり監査法人に約6億円の損害賠償-プロデュース社事件…

  6. 事業等のリスクに長時間労働を掲げても上場審査はパスできる?

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 11,295,471 アクセス
ページ上部へ戻る