閉じる
閉じる
閉じる
  1. ムゲンエステート、消費税をめぐる裁判で上告を断念
  2. 研究開発税制の自社利用ソフトへの適用拡大
  3. 2021年2月期の小売業・サービス業のコロナ影響収束見込
  4. 公益財団法人への自己株の低額割当が散見される?
  5. 2021年3月期有価証券報告書、金融庁レビューの重点テーマ審査は?
  6. 在宅勤務時の残業食事代の課税関係
  7. 名義変更保険の節税が不可能になるようです
  8. ワーケーション旅費の税務上の取扱い
  9. 2020年12月期KAMの早期適用は8社
  10. 2021年3月期における法人税の誤りやすいポイントとは?
閉じる

出る杭はもっと出ろ!

内閣府令の改正が公布・施行されました-IPO時の特別情報が不要に!

以前「IPO時の特別情報が不要に!-金融庁、内閣府令の改正案を公表」というエントリで記載しましたが、7月25日に意見募集期限としていた改正案が8月20日に公布・施行されました。

これにより、改正案のとおりIPO時の特別情報の記載が不要となることが確定しました。また、上場時有価証券届出書に掲げる財務諸表の年数短縮等については公布日から適用されることとなっているため、今後特別情報の開示は不要ということになります

パブリックコメントとして寄せられたのは全部で20件となっています。

これで、特別情報の記載は不要となったので負担が減るのは確かですが、ハイライト情報として記載される期間は5年で変更ないようですので、N-3期末の残高を財規ベースで作成し、N-2、N-1の2期で上場を目指すというようなことが認められるのかが気になります。

結局、過去5年分は同じレベルの数値が求められれるとすると、それほど楽になるということではないような気がします。

日々成長

関連記事

  1. マザーズ上場時の監査報酬相場-法人別の報酬の傾向は?

  2. 新規上場の簡素化に日本公認会計士協会は反対意見を表明

  3. 東証マザーズ等の株主数基準が引き下げの方向で検討されているそうで…

  4. 2017年1月~10月のIPO-市場・業種・監査人の傾向は変わら…

  5. 2017年IPOは96社

  6. 2020年上半期IPOは38社-前年同期比4社減

カテゴリー

最近の記事

ブログ統計情報

  • 10,972,933 アクセス
ページ上部へ戻る